つわり対策

つわり中に食べられたもの。

つわり食べられた物/助産院ある

つわり中に食べられたもの。

個人差があるものはもちろんですが、
つわりの時期によって、食べれるものが違ってくるのも当たり前。

今日は食べれたものが、翌日には見たくもないものに変わるなんてこともざらです。

食べ物に関しては、個人差しかないので、どれくらい参考になるかはわかりませんが、
つわり期に好んで食べていたものをご紹介します。

 

【つわり初期:6~8週頃】

食欲が落ちてきて、食べた後に具合が悪くなる、そんな時期でした。
気持ち悪さをなんとかごまかしながら、仕事は続けていました。

・甘夏ゼリー
おなじ柑橘系でも、なぜか、みかんやグレープフルーツはダメ。

甘夏は、コンビニの期間限定商品でしたので、
みつけたら、3~4個まとめ買いして、冷蔵庫にストックしていました。

職場でも、しばらくは、そればっかり食べていました。

 
・ハニーローザ(熊本県産のすもも)
もともとプラムが好きで、ちょうど旬の時期だったので、助かりました。

とくに、ハニーローザはやわらかくてとてもおいしい!!

1パック6~7個入りで500円くらい。

子ども達に見つかると、すぐになくなってしまうので、冷蔵庫の奥にしまって、大切に食べてました。

 
・コカコーラゼロ、霧の紅茶(ストレートティ)
どっちも普段はまったく飲まないのに、どうしても飲みたくなって、わざわざ、売ってる自動販売機を探してまで買ってました。

欲しい時に限って、それを売ってる自販機がみつからなかったりするんですよね。涙

家の近所や職場の自販機巡りをしましたよ。

 
・かちゅーゆ
かちゅーゆについては、コチラの記事でもご紹介しています。

つわりに効果アリ!お湯をそそぐだけの沖縄伝統料理。 つわりに効果があった、 お湯を注ぐだけで出来る、沖縄のソウルフードをご紹介します! その名も【かちゅーゆ】 標準語...

 

【つわりピーク期:9~10週頃】

つわりが本格的にしんどくなってきて、食べられるものも少なくなりました。

たしか、仕事も、1週間ほど休みをもらったと思います。

初期の頃、よく食べていた柑橘系のゼリーやコーラは、食べられなくなりました。

この時期に食べられたものは、この3つ

・アクエリアス

・桃

・ゴールデンキウイ

 
水分は摂らなきゃいけないと思って、アクエリアスのお世話になっていました。

好んで飲むというより、脱水予防です。

飲む点滴だと思って、なるべく吐かないように、すこしでも吸収されるように、一口ずつ、ちびちび、口に含んでいました。

 
固形物はほとんど摂れなかったのですが、
桃やゴールデンキュウイなどの果物は、比較的、なんとか、食べることができたかなという感じです。

ゴールデンキュウイは、妊婦に必要な葉酸などのビタミン類も豊富なんですってね。

同じ果物でも、オレンジやリンゴは、吐く時がツラかったので、あえて避けていました。

 

【つわり中期:11~13週頃】

つわりピークがすぎて、ちょっとずつ食べられるようになってきた頃。

この頃は、不思議とスパイシーなもの、味が濃いものが食べたくなりました。

・ソース焼きそば
UFOとか、一平ちゃんとかのカップ焼きそば。

スーパーのお総菜コーナーに売ってる焼きそばも、よく食べていました。

・タコスやタコライス

・ソーセージ系の惣菜パン(スパイシーな味のもの)

・目玉焼き

・キムチ豆腐
豆腐にキムチをのっけただけ

・しらすトースト
食パンに、板チーズとしらすをのせて、トースターで焼く

・ハリハリ漬

・塩麹ポトフ

ハリハリ漬けと塩麹ポトフは、コチラの記事でも紹介しています。

これでつわりを乗り越えた!栄養満点さっぱり和え物。 つわり中でも、これは美味しく食べることができた!というおすすめのレシピをご紹介しますね。 【切干し大根のはりはり漬け】 ...
つわりを緩和!カラダが楽になる、天然の調味料を使った万能スープ つわりの時でも「これはおいしく食べられた!」そんなおススメのレシピをご紹介しています。 本日、ご紹介するのは【塩こうじポト...

 

【つわり後期:14~16週】

この頃は、食欲も戻ってきて、普段通り、食べれるようになっていました。

たまたま、バーベキューがあって、その時、食べたお肉がめっちゃおいしかったなー

ひさしぶりに、肉食べたー!!って感じでした。

きっと、身体が欲していたんでしょうね。

 

カラダが欲する食べ物

身体が欲しているといえば、
焼きそばなどスパイシー系な味を好んで食べていた時期。

スパイシーな味は、東洋医学でいうと【火】のエネルギーです。

 
【火】のエネルギーは、こもった熱を発散させるパワーを持っています。

また、【火】は【土】のエネルギーを補う役目があるのですが、【土】は、身体の器官でいうと消化器系のこと。

つわりで弱った胃腸を補っていたのかなと思ったりします。

 

食べられるもの・食べられなくなったもの・・
人によってもそれぞれなので、そこから体質の傾向がみえてくることもあると思います。

 

つわりとマタニティ鍼灸・産前産後じゃないおっぱいセラピー【助産院 ある】/助産師の鍼灸師 下地あやの