つわり対策

つわりに効くツボ。

つわりツボ_沖縄つわり専門くるみ助産院

つわりに効くツボをいくつか、ご紹介します。

内関(ないかん)

つわりのツボで、いちばん有名なのが【内関(ないかん)】。

内関は、手首の内側(手のひら側)手首のしわの真ん中から肘に向かって、だいたい指3本分のところ。

縦に走るスジとスジの間にあります。

 
内関は、つわりだけでなく、乗り物酔いに効くツボとしても有名。

つわりバンドといって、
内関のツボを刺激するリストバンドが売られているようですが、口コミなどを調べてみると、効果があるかないかは、人それぞれのようです。

 
なぜなら、
「○○の症状だから、このツボを使う」という考え方は、ツボを使っているだけで、東洋医学的な身体の診方ではないから。

つわりの吐き気という一見、同じ症状でも、
東洋医学では、その背景にあるものをみて、判断します。

 
たとえば、
内関が効くのは、妊娠や出産に不安がある人。

胸のうちにある熱、思いを発散できない人。

 
胸郭の動きが固く、呼吸が浅い人は、
背中のツボ(肺兪など)をあわせて使うこともあります。

 

足三里(あしさんり)

胃腸がお疲れモードの時には、【足三里(あしさんり)】がおすすめ。

足三里は、膝の下、足の外側にあるツボです。

 
足三里は、胃経のツボなので、
ひざ下から足首までの胃経のラインを触って、気の流れを促すのもよいです。

自分でケアする時は、
滞った氣が流れていくイメージでさすってあげてください

 

裏内庭(うらないてい)

胃腸の働きを整えるツボは、ほかにも【裏内庭(うらないてい)】があります。

裏内庭は、足の裏、人差し指の付け根あたり。

裏内庭は、食あたりや蕁麻疹などにも使うツボです。

食中毒の特攻穴とも言われています。

 
わたしは、
つわりの時、裏内庭に熱めのお灸をしました。

つわりに即効性があるとはいえませんが、
胃腸にこもった湿熱を取るのが、裏内定。

 
食あたりや蕁麻疹の症状は、アレルギー症状とよく似ています。

つわりが一種のアレルギー反応だと考えると、裏内庭を使うのも効果的だと思います。

 

吐き気を抑えるツボ

こみあげてくる吐き気を抑えるツボには、【天突(てんとつ)】と【承奨(しょうしょう)】があります。

天突は、顎の下のラインにある、鎖骨と鎖骨の間にあるくぼみです。

承奨は、下唇の中央のすぐ下にあるくぼみです。

ここは、なでる・さする・手当てをするなど、
やさしく刺激するのがいいと思います。

 

中脘(ちゅうかん)

みぞおちとへそを結んだ線の中間点にあるツボが「中脘(ちゅうかん)」

胃を丈夫にするツボで、
胃痛、嘔吐、膨満感、消化不良などの症状を緩和します。

つわりの吐気を抑えるために、
腹部が緊張している時に、ぬるめのゆたんぽや温かいタオルなどをあてると、気持ちがよいのでおすすめです。

 

ツボの使い方

ツボの刺激する方法として、
ご自身でやる時は、まず手始にツボの周辺をやさしくなでて、じんわり手をあてるだけでOKです。

ギューギュー押す方法はおすすめしません。

 

ただし、先ほどもいったように、
「つわりだからこのツボ!」という選び方は、本当は、適切な方法ではありません。

実際の施術では、
カラダの反応や皮膚の様子をみて、決めることがほとんどです。

 
つわりに限らず、
「○○に効くのはこのツボ」という情報だけで、そのツボを押してみて、症状が良くならないから「効かない」というのはまちがっています。

鍼灸師は、
ただ単にツボの正しい位置を探すだけでなく、身体の反応を見極めたり、鍼やお灸を使って、施術=術を施しています。

それが、プロの技というもの。

 
もちろん、ツボもひとつの参考にはなります。

ご自身でケアする時には、
そこをとっかかりにして、身体の気持ちいいところを探す=身体の声を聴く。

そんなきっかけになれたらいいなーと思います。

 

沖縄のつわり専門助産院【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの