ごあいさつとプロフィール

はじめまして。
助産院ある、助産師の鍼灸師 下地あやの です。

現在、地元沖縄で、
3人の男の子の子育てをしながら、つわりさんを楽にすること、そして、女性が幸せなカラダになるための【助産院サロン】をしています。

私は、もともと助産師として、
大学病院の産婦人科・NICU病棟で働いていました。

そんな中、
東洋医学の世界にひとめぼれ。

当時の全財産(主に、結婚資金)をはたいて、鍼灸師になりました。

 

その後、妊娠・出産を経験し、
結果、3度にわたる壮絶なつわりの経験します。

まず、つわりについて、
助産師のなのに、まったく知らなかった事に、自分がいちばん驚きました。

出産や母乳育児は、
具体的なイメージや知識、困った時に助けになるものを知っていたのに、

つわりがこんなにもツラいだなんて、想像すらしていなかったから、

自分がつわりになった時、
何をしたらいいのか、まったくもって、わからなかったのです。

また、相談したり、具体的なことを教えてくれる場所もないことに気が付きました。

 

知人に、つわりがツラかったと話すと、
「自分で治せばよかったのに。」と言われ、さらなる大ショック!!

ですが、つわりについて、
その後、深く掘り下げていくと、

「いやまて。つわりって、そもそも、そんなものじゃないだろう!!」

という事実に、突き当たります。

 

というのも、つわりには、
考えられる要因がいくつかあって、

もちろん、ホルモンや自律神経のバランス、氣のめぐりなど、
身体に関係するものも大きいのですが、

それだけではなく、

『なんでも、出来ることはすべて、自分でやらなくてはいけない』

という考え方こそが、
つわりを悪化させる原因のひとつになっていることに気付いたのです。

だからこそ、同じように、
つわりで苦しむつわりさんの力になりたいと思って【つわり鍼灸】をはじめました。

 

こうみえて(?)
体育の成績はいつも2、運動オンチのヘタレです。

勉強はまぁまぁ出来ますが、笑

とび箱もさか上がりも出来ないし、

バレーのサーブが、
ちゃんと入ったのなんて、人生で3回くらいしかありません。

 
もちろん、体力なんてものもない(キッパリ)

お腹がすいたらフリーズするし、
早起きと寒いのは超絶苦手だし、すぐ疲れたりもします。(だんなさんには「とりあえず、何か食べてからやろう」と、言われます)

運動とか、身体を動かすというワードを聞くだけで、ずっと、
「ないない、無理無理・・」そう思ってきました。

 
ですから、
自分のお産に関しては、まったくと言っていいほど、自信がありませんでした。

なぜなら、
安産は身体が資本。お産は体力勝負だ。と云われるからです。

また、助産師業界(?)では、
「看護師・助産師・教師が、職業の人は難産になりやすい」というジンクスがあったりします。
(※ 必ずしもそうだというわけではなく、知識はあるから頭でっかちになりやすいという意。)

 

ところが、いざ!!
ふたを開けてみたら、うれしいことに、お産はとても安産でした。

3回のお産、
どれをふりかえってみても、ほんとうに、しあわせな時間でした。

(つわりとは真逆)

妊娠中、続けていたお灸のおかげじゃないかと思っているのですが.. 

 

ありがたいことに、
産後のトラブルもなく、母乳育児もスムーズで、

それらの経験は、私にとって、ものすごい自信につながりました。

「なんだ!すごいじゃん。私の身体、できるじゃん。」

生まれて初めて、
自分の身体に対して、そう思えるようになりました。

同時に、妊娠や出産には、
そんなパワーもあるんだ。という事にも気付かされました。

 

ところが、そう思ったのもつかの間、
その後の子育てが、なぜか思うようにいかず、落ち込む時期がありました。

具体的に「なにが」というものはないんです。

だけど、
子どもに必要以上にきつく怒ってしまったり、

自己嫌悪に陥ったり、

離乳食や子どもへの接し方についてに悩んだり、

どうでもいいことを気にしたり・・
(当時は深刻だった)

「こんなんじゃない」という違和感だけを、ずっと感じていました。

 

今、思うと、自分の土台(骨盤)が不安定なままで、
たくさんの情報にふりまわされていたんだと思います。

とにかく、苦しくて
そこから抜け出したくて、本を読んだり、調べたり、やれることは片っ端から試したけど、どこにも、望んでいた結果は得られず、

けっきょく、
すべてのヒントと答えは、私の身体がおしえてくれました。

 
自分の身体とその在り方に、
もっともっと深く、注目してみたら、

大好きな東洋医学の世界や、
こころとからだのつながりや、
これまでやってきたことのすべてが、

ひとつになり、
紐解かれるようにクリアになって、

 
「これでいいんだ。
だいじょうぶなんだ。
なーんだ、カラダに聴けばよかったんだ。」

って、自然と肩の力が抜け、
そんな風に感じるようになりました。

 

もちろん、怒ったり、揺らいだりすることはあります。

でも、子育ても含めて、
前みたいにへんに悩むことはなくなりました。

 

沖縄の木々たちは、
潮風になびいて揺れますが、大きな台風にも折れない強さがあります。

外側のしなやかさと、中心をとおる芯の強さ。

そんな身体の使い方と意識の向け方。

 

それが出来るようになってから、
子どもの持つ力、わたしの持っている力を、素直に信じられるようになりました。

『だいじょうぶ。』

根拠のない自信と幸福感。

それは、
知識や心理やメンタルではなく、身体からやってくる。

 

それらの経験をふまえ、2019年開業。

2020年8月には、名称を、
くるみ助産院おきなわから【助産院 ある】に変更しました。

3人の男の子の子育てをしながら、
心地よい、木の香り漂うサロンで、女性が幸せなカラダになるための施術を行っています。

 

幸せになるための情報は、
方法論や精神論、育児法や教育、心理学や哲学、スピリチュアルに至るまで、それこそ、山のようにあふれています。

どれが一番正しくて、どれが間違っているっていうことはありません。

だけど、そのすべてをつなぐのは、
この次元に存在する【身体】が、絶対のキーだと思うのです。

 
私が、私で"ある"こと

それを身体で感じることが、
幸せであることのいちばんの近道だと思っているから、

そのためにできることを、
施術に込めて、日々、ご提供させていただいています。

 

さらに、くわしいプロフィールはこちら。
これまでの道のりと想いを、50話の長編ストーリーにしました。

長いけど、読み始めたら、一気読みはカクジツです。

長編プロフィール「マイストーリー」全50話、イッキ読み!! 助産師になったきっかけ、病院での忘れられないエピソード、東洋医学との運命の出会い、3度にわたる壮絶つわり体験記から、助産院を開業...

 

つわりとマタニティ鍼灸・産前産後じゃないおっぱいセラピー【助産院 ある】/助産師の鍼灸師 下地あやの