つわり対策

つわりのツラさをグラフにしてみた

つわりの波_沖縄のつわり専門くるみ助産院

3度にわたるつわりを、グラフにして比べてみました。

図に書くと、スムーズな線ですが、
実際は日によって変動があるので、ほんとうはもっと、ギザギザした波になります。

 

1人目のピーク時が、ツラさのMaxだとして、
1人目と2人目は、妊娠発覚からすぐに具合の悪さが急上昇。

1人目はあまり記憶にない(記録にもない)けど、
2人目は、この時点で「飲めず食えずで仕事を休む」と母子手帳にメモがあった。

マックスのピークが長くて長くて、とにかくつらかった。

1人目・2人目、どちらも体重はマイナス8~9kg減

完全なる妊娠悪阻ですね。

 
ピークが過ぎて、14週頃から徐々に落ち着いていった。

1人目は、
安定期に入る16週になったら、ピタッとつわりが止んだ。

つわりがあった昨日と、
つわりがなくなった今日の境目が、あまりにもはっきりしていておどろいた。

朝起きたら、世界が明るかった。

 

二人目は、
つわりのピークがおさまって、仕事復帰したら、その2週間後に、上の子どもが入院。

慣れない入院生活のストレスで、つわりがぶりかえした。

精神的にとてもキツかった。

 

そして、3人目。

つわりはあったし、具合が悪くて、
さすがにピーク時は動けなかったけど、1人目・2人目に比べたら、しんどさは半分くらい(当社比)

長期間、休むこともなく、なんとか仕事を続けることができた。

 
すこし脱線するけど、
つわりの時は、休めるなら、ぜったいに仕事を休んだほうがいいと思う。

むしろ、無理をしてでも休むべき。

だけど、この時のわたしは、
1人目・2人目のことがあったから、逆に仕事を続けることが、わたしの自尊心にとっては必要だった。

そう思っている。

 

なんといっても、3人目の時は、ピークが短かった。

なんとかゴハンも食べられた。

点滴しないで済んだ。

 
ひとつだけ難点は、よだれつわりがひどかったこと。

そして、つわりの時期が少しだけ長引いたこと。

 

グラフをみてわかるように、
1人目・2人目と、3人目とでは、つわりの様子がちがいます。

その理由については、
いろいろ思うところがあるので、また、別の記事で考察しようと思います。

 
沖縄のつわり専門【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの