つわり対策

つわり鍼灸では、つわりを軽くするための骨盤のケアもしています

つわり骨盤/助産院ある

先日、つわりの原因は骨盤のサビだという話をしたら、
「つわりと骨盤って関係あるの?!」と驚かれたので、その話をしようと思います。

 
つわりとは、一説によると、
「妊娠・出産に向けて、骨盤の変化に追い付いていない人が味わう不快感」だそうです。

具体的にいうと、骨盤の動きが固い人。

そのために、骨盤周りの氣のめぐりが滞っている人。

 
吐きづわりでは、
吐く時の腹圧で、身体の内側から骨盤を開かせる作用があります。

食べつわりでは、
食べることで、副交感神経を優位にし、骨盤をゆるませる働きをするのだそうです。

 

つわりが、妊娠・出産に向けて、
骨盤の変化に追い付いていない時に味わう不快感だとしたら、

つわりの症状を楽にするには、身体がその変化に追いつけるようにしなくてはいけません。

つわり鍼灸では、経絡やツボを使って気の流れを調えるほかにも、骨盤や全身の骨格の調整も行います。

 

本来、身体というものは、
ちゃんと、必要なものに反応していく仕組みをもっています。

でも、時々さびついて、不具合が起きることもある。

そんな時は、身体が持っている力を発揮できるような後押しが必要です。

 

自分でできることを、
自分なりに、あれこれ工夫して、取り入れることは大切。

でも、だからといって、
すべてを自分でやらなくてはいけないって事ではない。

自分の身体のメンテナンスをするために、
時間とお金を使って、他人の力を借りることは、セルフケアのうちだと思っています。

 
ひとりで我慢して、じっと耐えるだけよりも、
他人のチカラを借りて、少しでも早く楽になれるのなら、そっちを選んでいいはずです。

しないでいい我慢もある。

 

ギシギシ音のなる鳴るドアに、オイルを垂らすイメージ。

それだけで、ドアの動きはスムーズになります。

でも、実際にドアを開け閉めするのは、あなた自身。

 
"身体の変化についていけるようお手伝いすること"

それが、つわり鍼灸の役割です。

 

つわりの原因ってなんだろう?~骨盤・骨格編~ つわりとホルモン、自律神経、内臓との関係は、現代医学的な説明です。 ですが、つわりの原因は、これだけではありません。 ...

 

つわりとマタニティ鍼灸・産前産後じゃないおっぱいセラピー【助産院 ある】/助産師の鍼灸師 下地あやの