つわり対策

つわりの原因ってなんだろう?~骨盤・骨格編~

つわり原因骨盤_沖縄つわり専門くるみ助産院
今日は、つわりと骨盤の関係についての話をします!
くるみん
くるみん
えっ?!つわりって骨とも関係があるの??
そうだよー。つわり整体にも大きく関係するところだから、しっかり聞いといてね♪

整体という視点からみたつわり

わたしの経験から感じていることは、
つわりの重い人は、骨盤が固いという印象があります。

骨が固いのは当たり前ですが、
骨盤が固いというのは、骨盤を動かす筋肉の働きが弱いんじゃないのかなという観方をしています。

例えば、日頃からデスクワークが多い人、運動不足の人、足腰を使った動きをあまりしてこなかった人など・・

さびついたドアがギシギシいうみたいに、骨盤の動きが錆びついているという感じかな。

 

骨盤の動きとは

骨盤にも関節があって、それらが動くことはご存知ですか?

骨と骨のつなぎ目を関節と言いますが、
先に言っておくと、骨盤の関節は、肘やひざの関節みたいな大きな動きはしません。

医学部生が勉強するような解剖学の本には、骨盤の関節が動くとは書いていないかもしれません。(わたしが看護学生の時には、そんなこと習わなかった)

 
骨盤は、腸骨、坐骨、恥骨からなる寛骨と、仙骨、尾骨という骨がくっついてできています。

それらの骨のつなぎ目が微細な範囲で動きながら、からだ全体を調整をしています。

 
また女性は、生理周期で、骨盤の動きが変わってきます。

左右の腸骨の開き方、仙骨の傾き方、尾骨の位置など・・

骨盤の動きは微細なのですが、身体に与える影響は大きいです。

整体師やセラピストは手技やアプローチによって、その動きを変化させることができます。

 
わたしはそういったことを、鍼灸学校に行って整体の勉強をしてから初めて知って、すごく衝撃をうけました(いい意味で)

 

整体という言葉を世の中に広めた野口整体の野口先生によると、
つわりは、骨盤(特に腸骨)の開きが悪いことで起きるんだそうです。

また、野口先生の本には、
腰の骨にゆがみがあったり、その動きが悪い場合もあると書いてありました。

総じて、つわりとは「妊娠・出産に向けて、骨盤の変化が追い付いていない人が味わう不快感」なんだと。

さすが、納得の一言です。

 

骨盤の動きと全身のつながり

骨盤は、ヒトの身体を支える要となる部分です。

また、妊娠する女性にとって、卵巣や子宮の土台となる大切な部分でもあります。

骨盤の動きは、つわりだけでなく、妊娠による体調の変化(マイナートラブル)や出産、産後の育児にも大きく関わってきます。

 
骨盤の動きは、頭の骨(側頭骨)や肩甲骨の動きともつながっています。

肋骨や肩甲骨といった、胸周りの骨の動きが悪いことに、つわりも関係してきます。

長時間のスマホやパソコンなどで目を使う人、横隔膜が固い人、もともと呼吸が浅い人など、つわり症状が重くなりやすいです。

 

骨盤の動きから考えるつわりの効果

つわりで、ゲーゲー吐いたことのある人はわかると思いますが、吐く時って、けっこう力がいりますよね。

胃の中になにもないのに、吐き気だけがこみあげてくる時・・
(腹筋が裏返るんじゃないかって感じ)

 
実は、その腹圧で、固く開きにくい骨盤や胸郭などを広げようとしているらしいのです。

また、食べつわりの場合は、食べることで副交感神経を刺激し、骨盤を開きやすくしているんだとか。。

 
この先、だんだんお腹も大きくなり、その身体とあかちゃんを支えるため、そして、あかちゃんを産むために、骨盤は大きく変化していきます。

つわりは、その先駆けです。

なにごとにおいても、先駆けって大変なものですよね、笑;

 
つわりが重い人は安産になりやすいと聞きますが、
強いつわりの症状で、一気にガッツリ身体(骨盤)を変化させるからかなーと思ったりしています。

 

沖縄のつわり専門助産院【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの