つわり対策

残念なお知らせです。つわりは【週単位】で考えましょう

ピークを越えた後、つわりのしんどさは、週単位で考えたほうがいいよ。というお話です。

つわりのピークは、10週前後。

なので、それ以降の方に知ってほしい話です。

今、つわりで苦しんでいるあなたには、少々、残酷なおしらせかもしれませんが、でも、大切な考え方です。

私が、つわりの経験から得た事なので、ぜひ、心得てほしいと思います。

 

つわりって、波があります。

それも、分単位で。

もちろん、基本的にずっと、気持ち悪いんだけど、
その中でも「あ、いまならいける!!」とか、「アカン.. 全然ダメだわ。これ、無理だわ」っていう瞬間瞬間が、ぞれぞれ、あります。

(いまならいける!って時に、食べ物を口に入れたり、トイレに移動する瞬間)

 
そんな中で生きているので、つわりさんは、微妙な体調の変化に敏感です。

いうならば、その瞬間に命がかかっているので、当たり前といったら当たり前。

これは、つわり期だけでなく、将来的にも、すごく大切な能力だと思います。

 

ところが、そんな能力がついたおかげで、ついつい、今日と明日を厳密に比べがちになります。

その上、ピークを過ぎたら「あとはもう良くなるだけ!!」ついつい、そう思うちゃう。

そう思わないと生きていけないってものあるんだけど、

残念なおしらせで、つわりのピークが過ぎたといっても、体調が劇的によくなることは少ないかもしれません。

 

例えば、今の辛さが【10】だとして、それが、翌日に、いきなり【3】になるってことは少ないと思います。

今日は調子がいい、でも、翌日はやっぱり気持ちが悪い・・

そんな風に、一進一退の日々が、ピークを過ぎても、まだもう少し続きます。

 
一瞬、よくなったと思ったのに、また具合が悪くなると、どうなるのか?

「あのしんどさが戻ってくるのか・・」とそう思っただけで、マジで気持ちが萎えます。

耐えてきた、今までのアレはなんだったんだろう・・

期待を裏切られた気持ち、もう前を向くのが、本当にイヤになります。

ここが問題なのです。

つまり、つわりがいつ終わるかを一日単位で考えると、もっと辛くなりますよ。という話です。

 

もし、あなたのつわりがピークを少し過ぎた頃なら、
先週よりは今週、今週より来週と、【週単位】で考えるようにしましょう。

つわりある7日間は、ホントに長く感じます。

 
けれど、必ず、終わりは来ます。

明けない夜はない。

大丈夫、大丈夫・・

今週は、先週に比べたら(もしくは2週間前に比べたら)少しは楽になっている。

きっと、来週は、今週よりよくなっている。

 

つわりのピークを越えたら、
つらさをチェックするだけじゃなく、楽になった気持ちも、同時にチェックしてください。

必ず、つわりを乗り越える力になります。

大丈夫。

それができるようになったら、
つらさの数と、楽になった・少しはマシになったの数が逆転するのも、もう目前です。