つわり対策

つわり中の食事で、いちばん気をつけたいこと。

つわり食事/助産院ある

つわり中の食事で、いちばん気をつけたいことは、

『食べたい時に・食べられるものを・食べられる量だけ』

これが基本です。

 

つわりで食べられないという時は、とにかく、無理して食べないこと。

「食べなきゃ、体力が・・。赤ちゃんの栄養が・・」と心配になる、つわりさんの気持ちも、よくわかります。

ですが、無理して食べると、つわりが悪化する恐れがあります。

なぜなら、食べ物を消化するのって、ものすごく体力がいることだからです。

 

現代人は、普段から食べ過ぎの傾向にあります。

特に、つわりさんの胃腸は、日頃から、お疲れモードなことが多い。

ただでさえ、エネルギーが足りていない時に、
無理して食べてエネルギーを使うことで、ますます、つわりの悪化につながってしまうのです。

 

ただでさえ、エネルギーが足りていない・・というのは、

つわりの時って、
赤ちゃんの大切な臓器を作ったり、赤ちゃんを育てるための胎盤を完成させたりする時期です。

そのため、普段は使わない、ものすごいエネルギーを消耗しているわけです。

 
ここでいうエネルギーとは、
ダイエットの時に重要なカロリーなどではなく、生命を維持するためのエネルギー。

東洋医学でいうと、『氣』のことですね。

野生動物がケガをしたりすると、
なにも食べずに、ただじっと、体力が回復するのを待つのと同じ理由です。

 

だから、私は、つわりさんにはよく、
「よけいな『氣』は、極力、使わないように過ごしてください。」とお話します。

つまり、食欲がない時は、無理して食べない。

これが大切です。

 
逆に、食べづわりで食べ過ぎてしまう時には、
できるだけ、胃腸の負担が少ないよう、ゆっくりすこしずつ、よく噛んで食べることを心がけるとよいです。

 

『余計な気を遣わないこと』

これは、なにも食事に限った事ではありません。

先に書いたように、
「食べなきゃ、体力が・・。赤ちゃんの栄養が・・」と心配する気持ちも『氣』を遣ってます。

 
だから、

あれ、食べた方がいいかな。これは食べない方がいいかな。
食べ過ぎかな。逆に、食べてなすぎるけどいいのかな。

つわりさんは、アレコレ余計な気をつかわず、

『食べたい時に・食べられるものを・食べられる量だけ』

これを基本にしてくださいね。

そして、やっぱり、心配な症状がある時には、必ず、病院は受診しましょう。

こんなつわり症状の時はすぐに受診を!! つわりはしんどいけれど、病気ではない。 だから・・ ・どれくらい我慢すればいいのか? ・病院に行くべきかどうか...

 

つわりとマタニティ鍼灸・産前産後じゃないおっぱいセラピー【助産院 ある】/助産師の鍼灸師 下地あやの