つわり対策

つわり中の食事で気をつけること

つわり食事注意_沖縄つわり専門くるみ助産院
くるみん
くるみん
つわり中の一番の悩みって、やっぱり食事のことだと思うんだよね。どんなことに気をつけたらいいの?
つわりで食欲がない時は『食べたいときに食べられるものを食べられるだけ』。基本、それだけでいいと思う。

食べたい時に・食べられるものを・食べられるだけ

つわりで食べられないという時は、とにかく無理して食べないことが一番です。

「食べなきゃ、体力が・・。赤ちゃんの栄養が・・」なんて心配する必要はありません。

なぜなら、食べ物を消化するのって、ものすごく体力がいることだからです。

 
現代人は、普段から食べ過ぎの傾向にあります。

つわりになる人の胃腸って、日頃から、基本お疲れモードなんです。

 
つわりの時って、
あかちゃんの大切な臓器を作ったり、あかちゃんを育てる胎盤を完成させたりする時期ですよね。

だから、そのために必要な体力を温存している時期でもあります。

野生動物がケガをしたりすると、なにも食べずに、ただじっと体力が回復するのを待つのと同じかもしれません。

 
だから、食欲がない時は、無理して食べない。

逆に、食べづわりでついつい食べ過ぎてしまう時には、
できるだけ、胃腸の負担が少ないよう、ゆっくりすこしずつ、よく噛んで食べることを心がけるとよいです。

 

つわりによいとされる食材と注意点

一般的に、つわりにいいといわれている食材を、一応、ご紹介しておきます(いちおうね)。

・ゴマ
・マグロ
・卵黄
・玄米
・ショウガ
・全粒粉トースト
・グレープフルーツジュース
・レモンジュース など

これらの食材がなぜ、つわりに良いと言われているのか?

それは、つわりを軽減するというビタミンBを多く含む食材だからです。

 

・・・で・す・が、
だからといって、無理に食べる必要は、まったくありません。

それらを参考にまず試してみて、大丈夫だったらラッキー☆ぐらいの感覚でいきましょう。

 
ちなみに、わたしの場合は、ゴマの香りがアウトでした。

あと、よく言われる柑橘系のフルーツも、胃液のすっぱさと混ざってダメでしたねー

「食欲がない」程度の時ならいいと思いますが、匂いつわり、吐きづわりの人には向かないのかもしれません。

あと玄米は、日頃から食べなれている人はいいのですが、胃腸に負担をかけるので、注意が必要です。

 

こんな風に、つわりによいとされていても、あくまでそれは"一般的に"の話です。

逆もまた同じ。

つわり中は、脂肪の多い食べ物、辛い食べ物、カフェインなどは避けた方がいいと言われていますが、タコライスとかキムチが無性に食べたくなった時期もありました。

 
基本は『食べたい時に・食べられるものを・食べられるだけ』。

ネットや周囲の情報ではなく、自分が食べたいもの、そして、食べられるものを優先してください。

 

今日は大丈夫だったけど、なぜか、次の日には見るのもイヤってことも、しょっちゅうあります。

つわりの間は、わがままな胃腸に「はい、はい」と、気長に付き合う気持ちでいるとよいです。

 
『食べたい時に・食べられるものを・食べられるだけ、それでOK!!』

これだけは、絶対におぼえていてください。

 

沖縄のつわり専門助産院【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの