つわり対策

つわりの原因ってなんだろう?~自律神経編~

つわり原因自律神経_沖縄つわり専門くるみ助産院
くるみん
くるみん
つわりとホルモンと関係しているなら、そのホルモンはどうやって調整されるの?
自律神経が、ホルモンを調整しているんだよ。だから、つわりは、自律神経と大きな関係があるよ。

自律神経とは

自律神経は、すべての内臓、全身の血管、ホルモンを出す分泌腺などのコントロールをしています。

心臓や胃腸は、
わたしたちが意識をしなくても、勝手に動いていますよね。

その管理をしているが、自律神経です。

 
身体は、生命を維持するために、もともと大きな変化を望みません。

その調整しているのも自律神経です。

体の中の環境を整えるために働いています。

 
自律神経は、身体の働きを考える上で、とても大切なポイントとなります。

その働きは複雑で、驚くほど微細で、かつ完璧です。

そのすべてを人間が把握することはできないくらいです。

原因がよくわからない体調不良のことを、病院では"自律神経失調症"と呼ぶことからわかると思います。

 

自律神経の2つの役割

自律神経には、その性格によって、2つの種類があります。

 
ひとつが『交感神経』

交感神経は、体を動かしている時、緊張している時、ストレスを感じている時に働く神経です。

 
もうひとつが『副交感神経』

副交感神経は、休んでいる時、眠っている時、リラックスしている時に働きます。

 
この正反対な性格をもつ2つの神経が、シーソーのようにバランスをとって働くことで、健康を維持しています。

 
自律神経のシーソーは、繊細なバランスで出来ています。

例えば、仕事が忙しすぎて、疲れているはずなのに夜になっても眠れないだとか、寝ていても身体はリラックスできてないという状態。

これは本来、休むべき時に、副交感神経が働かず、その逆の交感神経が働きすぎている状態です。

自律神経のバランスが崩れると、身体のあちこちに不具合が現れます。

たとえば・・

・体のだるさ
・食欲不振
・胃痛
・吐き気や嘔吐
・口の中の不快感
・口内炎
・のどの違和感
・偏頭痛
・耳鳴り
・ひどい肩こり
・背中の痛み
・のぼせ
・寒気
・動悸、息切れ
・便秘
・下痢
・不眠
・焦燥感や不安感など精神的な症状
・イライラ、など

いま挙げたものは、『自律神経失調症』とよばれる症状の例ですが、
つわりの症状とよく似ていると思いませんか?

つわりは、自律神経のバランスが乱れることで起きると考えられています。

 

つわりと自律神経

自律神経は、体内の環境が大きく変化しないように調整する働きがあると書きました。

妊娠=体内に赤ちゃんが宿ることは、大きな変化です。

 
上手にバランスをとっている複雑なモビールを思い浮かべてみてください。

ある一ヶ所が変化したら、シーソーはバランスを取るのは難しくなります。

少しずつ微妙な調整が必要になります。

妊娠すると、自律神経はきっと、バランスを整えるのに大忙しなはず。

それが、つわりの期間です。

 

つわり整体とは

つわりと自律神経に関係があるなら、
ほとんどの妊婦さんにつわりがあるのもうなずけます。

妊娠前から自律神経の不調があった人は、つわりが重くやりやすいといわれています。

 
自律神経の働きは細かすぎて、すべてを把握することはできません。

それは、人の"目には見えない"働きです。

 
鍼やお灸は、身体の中のそういった働きを調えるのが得意です。

東洋医学は、
目には見えない生命エネルギー【気】を取り扱っているので、鍼やお灸で自律神経の働きを調えることができるのです。

 


鍼やお灸、深いタッチによる整体セラピーで、身体のバランスを調えるのが、つわり整体です。

ご予約は、LINE@からお待ちしています。

 

沖縄のつわり専門助産院【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの