つわり対策

つわりを悪化させない食事の摂り方とは?

つわり軽減食事/助産院ある

つわりの時は、
いかに気持ち悪くなく、消化によいものはなにか?今日はなにが食べられるか?

ずっと、そんなことを考えていたように思います。

つわりに良いとされている食材とその理由、注意点も。 一般的に、つわりにいいといわれている食材を、一応、ご紹介しておきます(いちおうね)。 ・ゴマ ・マグロ ・卵黄...

ですが、なにを食べるか?だけじゃなく、
つわりを悪化させないためにどう食べるか?ってことも知っておきたいですよね。

 

つわりの時、出来る食べ方を工夫。

【つわりの時の食事のとり方】

・一度に食べる量を減らす(1口2口だけで終わる)

・回数を分けて食事する

・よく噛んでゆっくり食べる

・水分を摂りながら食べる

・フルーツを多めにしてみる

・ゼリーなど、のどごしがいいもの、やわらかいものにしてみる

・冷やしてみる

・凍らせてみる

・温かいものは、ゆっくりすこしずつ口に入れる

・気分が悪くなりやすい時間帯や条件をできるだけ把握しておく

・食べた直後、横になる時は、枕を高くする 

・食べたいと思ったら、できるだけすぐに食べられるよう準備しておく 

・内容は気にせず、食べたいと思ったものを遠慮なく食べる など

 
食べた後、吐くことも多かったので、
吐く時に苦にならないものを選ぶのも、けっこうポイントかもしれないと思います。

(それが、正しいとは言えないけど・・)

リンゴは食べられるけど、固いから、吐く時、のどが痛い

マックのポテトは食べられるし、水分と一緒に摂れば、吐きやすい、とか。。

 

身体がすこしでも楽でいられるもの、身体が不快に感じるもの、身体が心地よく感じるもの、普段よりもそのセンサーは敏感になっていたと思います。

っていうか、つわりの時は、そうしないと生きていけない。

今日は何が食べたい?
何が食べられる?
どうやったら食べられる?
どう過ごしたら、少しでも楽でいられる??

朝起きたら、まず、それを考える。

ひとつでも浮かべば、うれしい。ありがたい。

一つでも浮かべば、きっと、今日はいい日。

 
そんな風に起きる朝、いままであったかな。

目が醒めたら、まず考えることといえば、

あと、何分寝ていられるかな。
朝ごはん、適当にパンだけかじって、急げば、間に合うな。
今日の仕事、どんな予定入っていたっけ?
会社についたら、まずアレして、コレして・・
あー、あの上司と話すの、めんどくさいなぁ。
とりあえず、早く着替えなきゃ。

そんなことばっかり。

 
こうして、つわりの時を思い出すと、
もちろん、とにかく、つらかったけれど、あんなにも自分の身体と対話していた時期って、ほかにあったかなーとも思ったりします。

知識や情報に頼らず、時間や周りの都合に一切あわせず、
身体に負担にならないもの、身体が楽でいられるものを、いちばん、優先にする。

つわりの時は、それしかできることがなかったのだけれど、それって、けっこう、大切なことだったりするのかもしれません。

 

つわりとマタニティ鍼灸・産前産後じゃないおっぱいセラピー【助産院 ある】/助産師の鍼灸師 下地あやの