つわり対策

つわりを悪化させない食事の摂り方とは?

つわり食事_沖縄つわり専門くるみ助産院
くるみん
くるみん
つわりの時って、食べるものに気を遣うよね。
そうだねー。なにを食べるか?だけじゃなく、つわりを悪化させないためにどう食べるか?ってことも知っておきたいよね。

つわりの時は、
いかに気持ち悪くなく、消化によいものはなにか?今日はなにが食べられるか?

ずっと、そんなことを考えていたように思います。

 
わたしは、つわりの時、こんな風に食べ方を工夫していました。

【つわりの時の食事のとり方】

・一度に食べる量を減らす(1口2口で終わるとか)

・回数を分けて食事する

・よく噛んでゆっくり食べる

・水分を摂りながら食べる

・フルーツを多めにしてみる

・ゼリーなど、のどごしがいいもの、やわらかいものにしてみる

・冷やしてみる

・温かいものはゆっくりすこしずつ口に入れる

・気分が悪くなりやすい時間帯や条件をできるだけ把握しておく

・食べた直後、横になる時は、枕を高くする 

・食べたいと思ったら、できるだけすぐに食べられるよう準備しておく 

・内容は気にせず、食べたいと思ったものを遠慮なく食べる など

 
食べた後、吐くことも多かったので、
吐く時に苦にならないものを選ぶのも、けっこうポイントかも。

(それが正しいかはわからないけど・・)

リンゴは食べられるけど、固くて吐く時、のどが痛い
マックのポテトは食べられるし、吐きやすい、とか。。

 

身体が楽でいられるもの、身体が心地よく感じるもの、普段よりもそのセンサーは敏感になっていたと思います。

っていうか、つわりの時は、そうしないと生きていけないですから。

今日は何が食べたいのか?
何が食べられるのか?
どうやったら食べられるのか?
どう過ごしたら楽なのか?

朝起きるとまず、そればっかり考えていました。

ひとつでも浮かべば、うれしい。

 
身体を相手にしている仕事なので、
お客さんと接する時、施術する時、普段の生活でも"カラダとの対話"を大切にしているつもり。

こうして、つわりの時を思い出すと、
つらかった以外に、あんなにも自分の身体と対話していた時期って、ほかにあったかなーとも思ったりします。

 

知識や情報に頼らず、
身体に負担にならないもの、身体が楽でいられるものを、いちばんの優先にする。

つわりの時は、それしかできることがないんだけど、けっこう大切なことだったりするかもしれません。

 

沖縄のつわり専門助産院【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの