つわり対策

つわりのピークを乗り切る方法 その②

つわりとテレビ_沖縄つわり鍼灸くるみ助産院

わたしが実践したつわり対策の中から、
つわりのピークを乗り切る方法7選を、ひとつずつ、ご紹介しています。

ふたつめ:
テレビを見る

ホントは、目を疲れさせるのはよくないことなんですけどね。

なにもしないで、気持ちの悪さだけと向き合うのはツラいです。

だから、
なにも考えなくていい、どうでもいい内容のドラマやアニメを、ボーっと眺めていました。

あまりガチャガチャしていない、比較的、静かなもの。

かんたんなストーリーに入りこむと、
その時だけは一瞬ですが、気持ち悪さを忘れることができたのです。

 

もしかしたら、
スマホやパソコンで、サイトや動画を眺めているほうが楽な人もいるかもしれません。

ちなみに、わたしの場合は、
パソコンやスマホは、具合が悪くなって、まったく見ることができませんでした。

メールで連絡すら、出来なかった。

画面の文字を読むとか、
頭を使って、情報を処理するのがダメだったようです。

 

つわりの時に見ていた番組は、
つわりが収まった後も、しばらく見たくありませんでした。

ジングルを聴くだけで、あの時の気持ちを思い出して、ブルーになるんです。

思い出しつわり、
軽いPTSD みたいなものですね。

 

ひとつ、注意しておきたいことがあるんですが・・

このサイトでは、週に1回、
くるみラジオと称して、音声配信をしています。

でも、つわりの方は、
必ず、つわりがおさまってから聴いてくださいね。

タイトルコールやわたしのおしゃべりを聴いて、
つわりの時のイヤな気持ちを思い出してほしくないから。

 

話を戻しますが・・

最初も言ったように、
テレビやスマホを見るのは、目を疲れさせる行為です。

目を疲れさせる行為は、
正直、つわりにとっては、よいことではありません。

場合によっては、つわりを悪化させることもある。

できるなら、控えた方がいい。

 

でも、たとえ、テレビでもスマホで、
つらさをまぎらわすことで、つわりのピークを乗り越えられるのなら、それはそれでいいんです。

ハッキリ断言します。

 
ただし、その分、
蒸しタオルで目のケアをするとか、出来る範囲でできることをする。

そうはいっても、
ツラい時に、ひとりで全部をがんばるのはつらい、無理がある。

だから、そのために、わたしがいるんです。

【つわり鍼灸】があるのです。

 

妊娠中の身体のこと、
つわりやお腹のあかちゃんに良いと言われていること

その全部が全部を、自分ひとりでこなさなくていい

出来る分はやる(なるべく心がける)
できないことはしない

そして、
出来る人に助けてもらう、お願いする、やってもらう

そういう工夫が大切なんだと思うのです。

 

沖縄つわり鍼灸【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの