つわり対策

つわりを知らない人に、つわりを説明してみたら・・

つわり二日酔い_沖縄つわり専門くるみ助産院

つわりを経験したことない人(特に男性)に、
つわりを説明するなら、わたしだったら、こう答えます。

「ものすごいヒドい二日酔いが、一生治らない感じです」

 

つわりが、もし一日だけだったら、ここまでしんどいとは思わないはず。

ただ、具合の悪さが1ミリも良くならず、このままの状態が、明日も明後日も続いていく・・

場合によっちゃ、もっと悪くなることもある。

どこまで悪くなるかもわからない。

そんな時が、いちばんしんどい。

出口の見えない、暗くて長いトンネルのよう。

だから「ものすごいヒドい二日酔いが、一生治らない感じ」

 

ものすごいヒドい二日酔いを思い浮かべてみてください。

目が醒めた時の、絶望的なあの気持ち。

 
たとえ、どんなにひどい二日酔いでも、
お水をたくさん飲んで、トイレに行って、もう一回死んで寝て起きたら、頭は痛いし、気持ちは悪いけど、さっきよりほんの少し、マシになっているのがわかるはず。

そしたら、また水を飲んで、熱いシャワーをあびて、もう一回寝たら、最初よりだいぶよくなっているはず。

 
だけど、つわりは、
寝てもさめても、何度寝返りをうっても、なにをしても、マシになる感覚がまったくない。

水を飲んでも、シャワーをあびても、よけいにますます具合がわるくなる。

それが永遠に続く。

明日にはよくなっているという希望がどこにもみえない。

 
ひたすら、じっと過ぎるのをただ耐える。

息をひそめて、1日でも1秒でも早く終わりが来ることを願う。

これ以上、悪くならないようにと、神様に祈る。

そんな日々。。

 

いくら言葉で説明しても、
おそらく、あの絶望感は体験しないとわからない。

だから、わたしは、つわり整体をやると思ったんです。

 
うっすら小さい光でも、
その瞬間だけは、希望を感じられるように。

「明日までなら、もしかしたら、どうにか耐えられる」

せめて、そう、思えるように。

 
沖縄のつわり専門助産院【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの