つわり対策

つわりを知らない人に、どう表現したら、つわりのツラさが伝わるのだろうか。

つわり船酔い二日酔い/助産院ある

つわりのツラさは、経験した人にしかわからない。

そう思っていますが、
それでも、つわりを知らない人に、どういう表現をしたら、つわりのツラさが伝わるだろうか?

そんな事を考えます。

「まるで、ひどい船酔いのようだ」という人もいますね。

 
つわりを経験したことない人(特に男性)に、私がつわりを説明するなら、こうかな。

「ものすごいヒドい二日酔いが続いていて、その状態がもう、一生治りませんと医者に言われ、実際にその通りという感じです。」

 

つわりが、もし一日だけだったら、ここまでしんどいとは思わないはずです。

ですが、具合の悪さが1ミリも良くなる気配すら感じられず、この状態が、明日も明後日も続いていく・・

場合によっちゃ、
今日でもう限界と思ったところから、明日には、もっと具合が悪くなることもある。

もう、どこまで悪くなるかもわからない。

これ以上、悪くなるのか?

この状態が、いつまで続くのか?

そういう時期が、いちばんしんどい。

まさに、出口の見えない、暗い長いトンネルを、永遠に、ただ這い歩くしかないような、そんな絶望です。

 

ものすごいヒドい二日酔いを思い浮かべてみてください。

目が醒めた時の、絶望的なあの気持ち。

 
ですが、どんなにひどい二日酔いでも、
お水をたくさん飲んで、トイレに行って、もう一回死んで寝て起きたら、頭は痛いし、気持ちは悪いけど、さっきより少しはマシになっているのが、ちょっとは感じるはずですよね。

そしたら、また水を飲んで、熱いシャワーをあびて、もう一回寝たら、最初よりはだいぶよくなるはずなんです。

 
だけど、つわりは、
寝てもさめても、何度寝返りをうっても、なにをしても、マシになる感覚がまったくない。

水を飲んでも、シャワーをあびても、よけいにますます具合がわるくなる。

それが、まるで永遠のように続く。

明日にはよくなっているという希望が、まったく、どこにもみえないんです。

 

だから、ひたすら、じっと過ぎるのをただ耐える。

息をひそめて、1日でも1秒でも早く終わりが来ることを願う。

これ以上、悪くならないようにと、神様に祈る。

そんな日々。。

 

いくら言葉で説明しても、
おそらく、あの絶望感は体験しないとわからない。

ひとりで戦う、先の見えない不安が、
どれだけ、つわりで弱った身体を、さらに追い込むか、きっと、ほとんどの人がご存知ないでしょう。

だから、わたしは、つわり鍼灸をやると決めたんです。

 

うっすら小さい光でもいい。

その瞬間だけは、希望を感じられるように。

「明日までなら、もしかしたら、どうにか耐えられる」

せめて、1日はそう、思えるように。

そんな日が、月に何回か続けば、
いつの間にか、嵐は止んで、ほんとうの太陽が光刺す日が、必ず来るから。

 

つわりとマタニティ鍼灸・産前産後じゃないおっぱいセラピー【助産院 ある】/助産師の鍼灸師 下地あやの