つわり対策

つわりで病院を受診したら・・

つわり病院_沖縄つわり専門くるみ助産院
くるみん
くるみん
つわりで病院を受診したら、どんなことをするの?
そうだね、病院での治療はつわりを治すというより、脱水症状や栄養状態の改善がメインになるよ。具体的にいうと、安静と点滴だね。

病院でのつわり治療の目的

病院でのつわり治療は、
①脱水
②電解質
③栄養摂取
この3つの改善が目的になります。

具体的にいうと、
やることは【安静】と【点滴】です。

 

つわりの点滴治療とお薬

点滴治療では、
エネルギー源となるブドウ糖やアミノ酸、ナトリウム・カリウムといった電解質、ビタミンなどの補充を行います。

嘔吐が多い時、十分に飲んだり食べたりできていない時の治療です。

脱水や電解質のバランスが崩れていると、
だるさや吐気が強くなるので、それを改善することで、つわり症状が軽減される場合もあります。

 
点滴をする時、いっしょに、
吐き気止めや胃酸を抑える薬を使うこともあります。

それらのお薬は、
赤ちゃんへの影響がないという安全性が確認されているお薬です。

 
そのほかの治療としては、
便秘がひどい場合はつわり症状を悪化させることもあるので便秘薬を、

また、医師によっては、つわりに効果があると言われている漢方薬などをあわせて処方するところもあるそうです。

 

点滴は、まずは外来で受けることができます。

その際は、2〜3時間ほど外来のベッドで安静をすることになります。

症状によっては、すぐに入院が必要なこともあるので、医師と相談し、指示にしたがいましょう。

ちなみに、病院でのつわり治療は『妊娠悪阻』という病名になり、すべて保健適応となります。

 

安静を処方してもらうという考え方

入院しない場合、
薬と同じく、【安静】もまた、医師に処方してもらえます。

つまり、
「妊娠悪阻(病名)により安静が必要です」という診断書を書いてもらうことです。

お仕事をしている妊婦さんにとって、すごく大事なことです。

 
厚生労働省が提示している【母性健康管理指導事項連絡カード(母健連絡カード)】というものがあります。

これは、妊娠中および産後の女性の健康を守るためのものです。

職場に提出することで、通勤時間や休憩時間を調整してもらえる権限が得られます。

診断書の代わりになるので、
必要な時は、絶対に有効活用すべきです。

 
ちなみに、
母健連絡カードや診断書をもらう際は、費用がかかります。

病院によって違いますが、だいたい2,000~5,000円前後で、母健連絡カードのほうが少し安く設定されているところが多いみたいです。

詳細は、受診先の病院に確認してくださいね。

 

専業主婦の方でも、
診断書をもらうまではしなくても「病院の先生にこう言われた」といえば、家族の協力を得やすい場合もあるかもしれません。

いずれにしても、無理をせず、
つわりを乗り越えるためには、病院もうまく使うつもりで、やれることをやっていきましょう。

 

沖縄のつわり専門助産院【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの