つわり対策

つわりを楽にするセルフケア【背骨】

つわりセルフケア背骨_沖縄つわり専門くるみ助産院

今日は、背中全体のストレッチ。

ふと思いついた時に、ちょっとだけ意識してみてください。

エクササイズというほどのものではありません。

動けない時は無理にしなくていいです。

寝ながらできる、ゆる~いストレッチです。

 

ヨガで有名な【キャット&カウ】というポーズはご存知ですか?

マタニティヨガでもよくやるポーズです。

ハードではないし、気持ちのよい動きですが、
つわり妊婦にとって、四つん這いはちとしんどい。

 
そこで今日、ご紹介したいのは【なんちゃってキャット&カウ】

寝ながらやるので、つわり妊婦でも思いついた時に、すぐにできます。

 

まずは、正式なキャット&カウをご覧ください(約3分)

 
以前、開催した子宮美人セミナーでの一場面です。

ヨガインストラクターのアキ先生が、動きのポイントをわかりやすく説明しています。

 

ポイントは、
【ひとつひとつの背骨が隙間を作りながら動くイメージ】

そして、動画の終わりごろに話している【前傾・後傾する骨盤の動き】

この2つです。

 

なんちゃってキャット&カウは、
この動きを、寝たまま、横向きになってやります。

息を吐きながら、背中と骨盤を丸める。

お腹の中にいる胎児のように、身体を小さく丸めます。

いちばん小さくなったら、その状態で一度、ぐぐぐーっと、背中に力を入れます。

 

つぎに、息を吸いながら、背中と骨盤をそらせてきます。

横向きになったまま、えびぞり~~

ゆっくりゆっくり、背骨のひとつひとつを、そして骨盤を、ていねいに意識します。

 

一度の動きに対して、呼吸が続かなくても大丈夫です。

どっちが吸うんだっけ?吐くんだっけ??

わからなくなるので、とりあえず、どっちでもいいや、笑。

 
ゆっくりと呼吸しながら、息はけしてとめないこと。

前傾・後傾する骨盤の動きと、ひとつひとつの背骨が隙間を作りながら動くイメージを大切にしてください。

 

たくさん、何度もやる必要はありません。

2~3回やったら、全身の力をぬいて、あとは寝る。

しんどかったら、1回でもいいんですよ。

そのかわり、とにかくゆっくりていねいに、背骨のひとつひとつを確認するつもりで。

寝たままでも、背中が軽くなって、息をするのが楽になったと感じるはずです。

 

ヨガの先生からしたら、キャット&カウとは、ちょっと違う動きかもしれません。

なんちゃってキャット&カウは、ものすごくていねいな背伸びです。

つわりで、全身がこり固まった時に、本当におすすめです。

気持ちがいいなと思う範囲で、ぜひやってみてください。

 

沖縄のつわり専門助産院【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの