つわり対策

東洋医学からみる、つわりと内臓の疲れ

つわり内臓疲れ_沖縄つわり専門くるみ助産院

東洋医学では、妊娠すると【肝】【脾】【腎】の働きが大切になるといわれています。

そして、つわりは、
それらの働きが、もともと弱いところに症状が出ると考えます。

 
例えば、【肝】が弱い人はどういう人か?

・イライラしやすい
・パソコンなど、目を使うことが多い
・薬を飲むことが多い
・お酒が好き
・暴飲暴食気味
・よく夜ふかしをする人 など

 
もともと【脾】が弱い人
【脾】は、胃腸や消化器系のはたらきのこと。

・胃がもたれやすい
・便秘しやすい
・ストレスを感じやすい
・甘いものが好きな人
・優柔不断な人
・気を遣いすぎる人など

 
【腎】が疲れやすい人

・冷え性
・むくみやすい
・小さい頃、体が弱かった
・あまり運動をせず、汗をかくことが少ない人 など

 
どれかひとつではなく、重なっていたりもします。

内臓の疲労があわさって、つわり症状が出てきます。

吐くことによって、内臓の疲労を排毒し、消化吸収の負担を減らしているとも考えらます。

 
つわりは、身体の大掃除だといわれたりします。

つわりを通して、胃腸や肝臓の疲れを調整しているんですね。

 

つわり整体では、施術前に両手の脈を診ます。

東洋医学独特の診察方法で【脈診】といいますが、全身の気の流れやもともとの体質、内臓の疲労度などを診ています。

脈診から、どの経絡にアプローチするかを判断したりします。

また、つわり整体では、背骨の調整も行います。

 

つわりを楽にするセルフケアでは、
【つわりおすすめストレッチ:なんちゃってキャット&カウ】をご紹介しました。

つわりを楽にするセルフケア【背骨】 今日は、背中全体のストレッチ。 ふと思いついた時に、ちょっとだけ意識してみてください。 エクササイズというほどのもの...

 
大切なのは、背骨の動きがポイントです。

このストレッチは、ただ気持ちいいだけではありません。

背骨にそって、内臓と関係するツボが順番にならんでいます。

 
例えば、9番目の胸椎は、肝臓と関係があります。

ツボの名前でいうと、【肝愈(かんゆ)】。

同じように、胃兪(いゆ)・脾兪(ひゆ)・腎兪(じんゆ)というツボも、背骨の周りにならんでいます。

背骨のひとつひとつを意識して身体を動かすことで、ツボを刺激することができます。

すると、気の流れがよくなり、内臓の働きを助けます。

 

自分でやるのも大切だし、人の力を借りるのも大事。

どっちもやると、もっといいと思います♪

 

沖縄のつわり専門助産院【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの