つわり対策

食べつわり、どうしたらいい??

食べつわり_沖縄つわり専門くるみ助産院
くるみん
くるみん
食べつわりの時ってどうしたらいいの?
お腹がすいたら気分が悪くなるから、なるべく、空腹を避けるのがいちばんだね。

 

食べつわりとは

食べづわりは、
お腹がすくと気持ち悪くなる、なにかを食べないと気持ち悪くなるといった症状のつわりです。

食べつわりの一番の対策は『空腹を避ける』こと。

ガムやアメ、小さいおにぎりなどの必須アイテムを、カバンにしのばせておいてください。

 

食べつわりの特徴

食べづわりの時は、味覚が変わったり、
「どうしてもコレが食べたい!」といったこだわりが出てきます。

 
普段はあまり食べないジャンキーなものが、無性に食べたくなることもありますね。

マックのポテトは、よくききますね。

わたしは、焼きそばUFOでした、笑

 
「妊娠中なのに、こんなの食べていいのかな?」
と心配になったりしますが、短い期間だけなので、問題ありません。

だって、身体が欲しているんだもの。

そういう時は、素直に従って大丈夫。

つわりがある今だけとわりきって、OKを出してあげてください。

 

東洋医学では、
食べたいものや好みの味によって、身体からのサインや意味があります。

柑橘系などの酸味が食べたい時は、妊娠した身体を守るため。

スパイシー系の辛いものは、
胃腸の熱を発散させたり、胃腸のエネルギーを補うため、など。

 

特に、食べつわりでは
食べるタイミングを逃してしまうと、一気に具合が悪くなって大変です。

1日の中で、お腹が空きやすい時間、気分が悪くなりやすい時間帯がありします。

あらかじめ、その時間を見極めて、食べる物を準備しておくといいですよ。

 
時間帯は、個人差があって、それぞれ。

あさイチの人、昼間、夕方、夜中の人もいます。

時間帯には、あまりこだわらなくて大丈夫。

 

食べ過ぎが心配な時は・・

食べつわりがメインの人は、
食欲が増えるので、ついつい食べ過ぎてしまいます。

つわりはそれほどしんどくないけど、
逆に、体重が心配という方もよくいらっしゃいます。

 
食べることで、身体をリラックスさせようとしているのが、食べづわりの傾向です。

もともと、甘いものやお酒が好きで、
食べることがストレス解消になっている人に多いかもしれません。

 

東洋医学でいうと、
胃に熱がこもってしまう【胃熱】と関係しています。

【胃熱】は、不規則な食生活やストレスが原因でなることが多い症状。

 
妊娠によって体温があがるので、
身体にこもった熱を、うまく発散できない時にも【胃熱】が発生します。

胃熱からくる症状には、暴飲暴食のほかに、便秘や口内炎、歯槽膿漏などがあります。

つわり鍼灸では、
そういった症状を見極めて、アプローチをしていきます。

 

つわりの時は『食べたいものを、食べたいときに、食べただけ』が基本です。

けれど、食べづわりで、食べ過ぎて困るという場合は、

・よく噛んで食べる
・小分けにして食べる
・炭酸系の飲み物を口にする
・なるべくカロリーが低い物をえらぶ

といったことを心がけてみてください。

 

沖縄のつわり専門助産院【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの