つわり対策

つわり、そして、出産が恐い。

「自分ほどひどいつわりの妊婦が周りにおらず、理解されなくて辛いです。
出産が恐いという思いも強く、妊婦生活が苦しいです。出産を恐いと思ってしまう人って多いのでしょうか?」

そんな内容のメールをいただきました。

 

きっと通りすがりで、
目に留まったので、メッセージを送ってくださったのだろうと思いますが、

メールの文章から察するに、
あまりにつらそうなご様子だったので、

おせっかい心が働いてしまい、ついつい、長文の返信メールになってしまいました。

 

メールの送り主をAさんとします。

Aさんがおっしゃるように、
妊娠や出産の不安や恐怖は、つわりが悪化する要因のひとつだと言われています。

 
でも、妊娠や出産に対して、
1ミリも不安や恐怖を感じない人なんているんでしょうか?

わたしは、いないと思います。

 

人の身体には、潜在的に、
変化を嫌うシステムが備わっています。

なぜなら、
変化には生命の危険がともなうからです。

たとえ、危険がなかったとしても、
そう感じるようにインプットされています。

生き物としての本能です。

 

妊娠は、女性の身体にとって、
ものすごく大きな変化です。

まして、出産は、
つい一昔前まで「棺桶に片足をつっこむもの」だと言われていました。

医療が発達して、
たしかに、そのリスクは減ったかもしれませんが、

"命がけ"であることには、変りはありません。

 
だから、恐いと思うのは素直な反応です。

わたしだって、産む前は恐かったよ。

2人目だから、経験者だから、医療職だから・・?

そんなの関係ないよね。

 

だから、まず、
恐いと思う自分を否定しないこと。

 
しっかりしなくちゃ
こわい、こわいなんて言ってる場合じゃない、泣いてばかりじゃダメだ

そんな風に
感情を否定しないで。
自分を否定しないで。

「恐いと思って当たり前、恐いと思っていいんだ」

まずはOKを出してからが、次のステップです!!

 

恐いと思うのはあたりまえ

だけど、
そんな感情にのみこまれてばかりだと、辛いだけ。

 
変える方法は、
たぶん、いろいろあるけれど、

わたしがおすすめするひとつは、
【身体からのアプローチ】です。

 

あなたは、
感情はどこで感じるものだと思いますか?

ココロ?ハート?
それとも、脳??

 
東洋医学では、感情は、
それぞれの臓腑、つまり、カラダが司っているといいます。

恐いという感情、
恐怖は【腎】の担当です。

 

【腎】については、先週のラジオでもお話しました。

【くるみラジオ】第27回「東洋医学的アンチエイジング*冬の身体とすごし方」 第27回 くるみラジオ、ON AIR~♪ 子どもと一緒にクリスマスのイルミネーションを見に行くのが楽しみな助産師の鍼灸師 ...

キーワードは、
生命力、性、生殖、成長、老化、胎児、充電、睡眠、冷え、下半身・・などなど

 
妊娠出産はとくに、
腎のエネルギーが大きく関係します。

だから、
必要以上の恐怖を感じてしまう時、もしかしたら、腎のエネルギーが必要以上に消耗してるかもしれない。

 

なので、感情云々はひとまず置いといて、
腎のエネルギーを補充するような身体へのアプローチもいいかもしれません。

 
気持ちは目には見えないし、
他人にどうこうできないけど、

身体なら触れるし、
わたしの手をお貸しすることもできる。

 
"カラダが変わるとココロも変わる"

こっちの方がシンプルで、
きっとわかりやすい

 

Aさんは、今はつわりで、
とにかく辛くて辛くて、自分の身体を信じられなくなっているのだと思います。

その上で、いろんな気持ちや考えが浮かんできて、

家族のこと、周りのこと、これからのこと、自分の身体のこと・・

ココロもカラダもすべてがパニック状態。

 

だから、ひとつずつ。

いま、まず、やるべきことは、
身体がつわり期を脱することに集中する。

それ以外はやらない、考えない

 
つわりが落ち着いてきたら、
身体への信頼を取り戻せるから、

そしたら、

・気持ちいいと思うこと
・身体がよろこぶこと
・エネルギーの補充をすること
・気をめぐらせること

そういうことを、
少しずつ増やしていったらいいのだと思います。

きっと、出産への恐怖も、
そのうち、感じ方が変わってくるはず。

 

また、Aさんは、
「通っている病院の先生や助産師さんに、なかなか相談ができない」ともおっしゃってました。

それもまた、
おつらいことだろうなと思います。

 
必ずしも、
通ってる病院の先生や助産師にこだわる必要はありません。

不安や疑問に思うことを話せる場所

反対に、何もかもベラベラ話す必要はないけど、安心して、身体をまかせられる場所

そういう場所をみつけられたらいいなーと思います。

 
もし、お近くにいらっしゃるなら、
ぜひ一度、うちにいらしてください。

心からお待ちしています。

 

沖縄つわり鍼灸【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの