つわり対策

つわりで入院を勧められたら、まず考えるべきこと。

つわり入院_沖縄つわり専門くるみ助産院
くるみん
くるみん
あやのさんは、すごいひどいつわりだったのに、入院しなかったんだよね?そういう時って、入院しなくても平気なの?
たしかに、入院をすすめられた時もあったけど、必ずしも入院しなきゃいけないってこともないんだよ。時と場合によるかな。

つわりで入院を勧められるパターン

つわりがひどくて、病院を受診したら、入院を勧められる場合があります。

考えられるパターンは4つ。

① 今すぐ入院して治療しないと、おかあさんとあかちゃんに危険が及ぶ場合

② 脱水症状がひどく、点滴治療をするために、入院したほうが管理しやすい場合

③ 自宅安静でもいいが、念のため、入院させるという場合

④ 患者さんが入院を希望する場合

 

入院の必要度は、
もちろん、①がいちばん高く、この場合、選択の余地はありません。

医師の指示にしたがって、素直に入院してください。

 
>問題は、②~④の場合。

②は、①に次いで、
入院の必要度は高いですが、病院側の事情(入院できる施設か、ベッドの空きはあるか、医師の見解など)によって変わってきます。

ですが、患者さんの立場からしたら、
つわりが辛いのには変わりないので「入院してください」と言われたら、①~③の違いなんてわからないですよね。

こちらから提示しないかぎり、医療者側もそこまでこまかな説明はしないことがほとんどです。

 

入院を勧められたら・・

そこで、入院を勧められたら、まず考えるべきこと。

今すぐ、入院しないと、命に危険が及ぶのかどうか?

もし、選択の余地があるなら、
自分にとって、入院した方がいいのか?

それとも、入院しないほうがいいのか?

 
もし、入院しないほうがいいと感じたなら、その旨を医師に告げ、代替案を提示すること。

例えば、
「上の子もいるので、なるべく入院したくないんですが、外来に点滴をしに通うことは可能ですか?」とか。

 
大切なのは、交渉と譲歩です。

ただ「入院したくない」だけでは、医療拒否になってしまいますよね。

代案がうかばなければ、聞いてみるのもいいと思います。

「入院したくないけど、なにか、ほかの方法はありませんか?」などです。

拒否ではなく、こちらの意向を伝えてみるという感じで、聞いてみるのがいいと思います。

 
逆も然り。

家庭や仕事の事情で、入院したほうがいいと思うなら、おもいきって事情を説明し、「入院させてほしい」と言ってみるのもアリだと思います。

 

つまり、言いたいのは、
なんでも、病院のいいなりになる必要はなく、ある程度、こちらの希望を提示していいということ。

そして、病院のいうことを拒否するのではなく、命を守る上では、譲歩も必要だということ。

この2点です。

 
ふたつは、それぞれ、まったく別の考え方の人に提示しています。

もしかしたら、わかりにくいかもしれませんが、どうか、意図をくみとってください。

 

わたしの場合

ちなみに、わたしも入院を勧められたことはあります。

たしか、ケトンが出ていて、脱水症状が進んでいたと思います。

ですが、入院に関してはすぐに即答はせず、
外来で3時間ほど、吐き気止めの薬が入った点滴をしながら、どうしたほうがいいか考えました。

そして、こう思いました。

 
今から、ここで点滴をして、
ほんの少しでもよくなっていたら、楽になる兆しがほんの少しでも感じられたら、入院しようと思いました。

もしくは、このベッドで、少しでも休むことができたら、入院しようと思いました。

 
でも、残念なことに、まったく変わらなかった。

それどころか、すこしも休むことができなかったんです。

個室ではありましたが、
部屋の外の音や人の出入りが気になり、寝返りばかりうって、少しも落ち着く気持ちがしなかった。

枕やシーツの感触や病院独特の匂いが不快に感じました。

同じように横になっているのなら、自宅にいたほうがいいと判断しました。

 
点滴が終わって、その意思を伝えると、
再度「それでも入院したほうがいい」と言われましたが、毎日でも点滴に通うので、自宅に帰りたいと告げました。

それで、なんとか、医者も納得してくれました。

もちろん、ちゃんと点滴するために数回、病院に通いましたよ。

 

わたしと同じように、
とりあえず1泊だけして、やっぱり家のほうがいいと判断し、退院した人もいます。

逆に、入院することで、
家にいるよりゆっくりできてよかったという方や、仕事の休みをしっかり取ることができて、つわりの症状が楽になったという方もいらっしゃいました。

 

入院するにしても、しないにしても、
つわりの辛い時期には、周りを気にせず、自分の心と身体が休まる環境に身を置くことが大切です。

そのために、どちらを選択するか?

そして、あかちゃんと自分の命を守るためにはどちらが必要なのか?

まずは、このふたつを、ご自身で考えてみてくださいね。

 

沖縄のつわり専門助産院【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの