つわり対策

よだれつわり、どうしたらいい??

よだれつわり_沖縄つわり専門くるみ助産院
くるみん
くるみん
よだれつわりなんてものがあるんだね、知らなかったよ。
思っている以上にツラいです。写真はちょうど、よだれつわりに苦しんでいたころ。唾液を飲み込むと気持ちが悪くなるから、始終、ティッシュをかんで過ごしていたよ。

よだれつわりの特徴

地味ですが、ホントにつらいです、このよだれつわり。

こんなつわりもあるってことも、
あまり知られていないみたいで、辛さをわかってもらえない。

ただただよだれが出るだけなので、吐きづわり程、重要視されないのが悲しい。

 

とにかく、唾液の量がふえて、飲み込めないんです。

今まで、唾液ってどうやって飲み込んでいたんだっけ・・?

 
ムリして飲み込むと、ものすごく気分が悪くなる。

ゴミ袋を持ち歩いて、四六時中、ティッシュでぬぐっては捨てをくりかえしていました。

1日1箱以上なんてザラです。

 
そのうち、ティッシュじゃ足りなくなって、
ティッシュを入れたゴミ袋に、直接、ペッペッと唾をはいてました。

人前で、唾を出すもの失礼ですし、かといって飲み込めない。

口の中に、すぐ唾液がたまるので、人と話をするのが、とても億劫になります。

お仕事をしている時は、とくに大変でした。

あと、保育園のお迎えも。

 

吐きづわりが治まっても、しばらく続くので、よけいにしんどく感じます。

聞いた話によると、吐きづわりや食べつわりに比べて、悪化すると出産間際まで続くことが多いような気がします。

 

よだれつわりの原因

よだれつわりの原因は、代謝が落ちていること。

そして、胃腸が弱っていることです。

 
東洋医学では、さらさらとした唾液(よだれ)を【涎】といい、【脾】の働きと関連があるといわれています。

よだれつわりは、もともと身体が冷えていて、水が滞りやすい人に多い。

つまり、内臓のむくみです。

 

よだれつわりの対策は、冷えと胃腸のケア。

口の中がさっぱりさせたくて、
冷たい飲み物がほしくなりますが、できれば、ちょっと熱めの白湯をおすすめします。

寝る前は特に。

夏でも、ゆたんぽなどで、お腹周りをあたためるのもいいと思います。

 

安定期に入ったのに、スッキリしない時は、
散歩などをして、氣の巡りをよくするように心がけてください。

頭を休めて、身体を動かすって大切。

つわりの時は動けなかったせいで、滞っていた気が巡りはじめます。

のんびり海でもを見ながら、風にふかれて歩いていたら、いつのまにか、よくなっていたってこともありますよ。

 

よだれつわりに効くツボ

よだれつわりでは、裏内庭にお灸をしたり、陰陵泉というツボをつかいます。

中泉という手の甲にあるツボを使うこともあります。

 
裏内庭は、胃腸を整えるツボ、
陰陵泉は、身体に溜まった水分を外に出すツボです。

 
わたしがよだれつわりの時に、
陰陵泉をつかったところ、お腹をこわしたわけではないのに、突然、下痢みたいになって、ちょっとびっくりしました。

必要ない水分が身体から出たのかなと思いました。

 

つわり整体では、原因と体質を見極めて、身体のケアします。

つらい症状は、できるだけ長引かないようにしたいですよね。

 

沖縄のつわり専門助産院【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの