つわり対策

つわりのピークを乗り切る方法 その⑥

つわり弱音を吐く_沖縄つわり鍼灸くるみ助産院

わたしが実践したつわり対策の中から、
つわりのピークを乗り切る方法7選を、ひとつずつ、ご紹介しています。

 
その6:がんばらない、弱音をはく、当り散らす

「つわり、しんどい・・気持ち悪い・・もういやだ・・」

身体と一緒に、ココロも凝り固まってしまいます。

こんなに長い間、なにもできずにいる自分が、段々とイヤになる。

 
ずっと寝てばかりで
仕事も行けなくて、職場に迷惑かけて、
家のこともほったらかして、上の子にもさびしい思いをさせて

なによりも、生まれて初めて、
自分の身体が1ミリも信じられない

ちょっとでも動けるなら、
なにかしなきゃ、なんとかしなきゃと思ったりしちゃいます。

 

でも・・あえて、そんなことはしない。

あえて、がんばらない。

なにもしないことをがんばる。

 
「つわりなんて、妊娠したらしょうがないんだ。赤ちゃんもがんばっているんだ・・他に、もっと辛い人もいるんだ」

そうやって自分を鼓舞するものいいけれど、
反対に、めちゃくちゃ弱音をはくのだっていいんです。

 

「もうムリ!つわりなんてイヤだ!なんで、わたしだけこんな目にあうんだ。ありえない、しんどすぎる!!気持ちわるーーーーーい!!!イヤだ、イヤだ、イヤだーーーー。やってらんない、無理、耐えられない。」

2歳児のように、大声をだしてみてください。

むちゃくちゃな駄々をこねてください。

泣いて、旦那さんに八つ当たりしてください、笑。

 

大事なのは、声に出すこと。

たぶん、発狂したな。
自分で笑っちゃうくらい、大げさでいいから、吐き出しちゃってください。

不安、怒り、拒絶、弱音、泣き言、後ろ向きでネガティブな発言・・

 

大丈夫。
あなたのその気持ち、全部OKです

口に出したからって、本当になったりしません。

お腹のあかちゃんも、あなたを責めたりしません。

 

言ってる途中で、我に返っても
とにかく止めずに、(若干、大げさに)泣いて泣いて、ぜーんぶ吐き出してみてください。

 
そしたら、
「あぁ、わたしって〇〇だったんだ・・」って、なにかにハッと気づくかもしれない。

たとえば、
「わたしって、不安だったのね」とか。

それに気付くだけで、
なんだか、胸がスッとします。

 

わたしなら、うまくやれる
わたしなら、どうにかできる

これをやれば、うまくいく
これを知ってるから、うまくやれる
できれば、スマートにこなしたい

その考え、
いったん、どうぞ、捨ててください。

 

"わたしはちっぽけでむりょくです"

だから、不安でいいし、弱音だって吐いていいし、泣き言いったってかまわない。

 

陰陽論では、この現象を

『陰極まれば、陽に転ず』

と言ってます。

 

沖縄つわり鍼灸【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの