つわり対策

つわりでいちばんきつかったこと、涙涙

つわりあっかんべ_沖縄つわり鍼灸くるみ助産院

つわり症状がひどく、
とくに、1人目2人目は、妊娠悪阻を経験したわたし。

とにかく、ずっと吐き気が続いて、なにも食べられなくて、胃液を吐く・・

どれくらいつらいことか、ご想像がつくかと思います。

 
3人目は、
比較的おだやかに、つわり期を過ごす事ができました。

そんな中でも、いちばんつらかったつわりの症状について。

 

つわりでは、匂いで具合が悪くなることは多い。

よくあるものだと、ゴハンが炊ける匂いとか、たばこの臭いとか。

 
わたしの場合、どうしてもダメになった匂いが2つありました。

旦那が飲むコーヒーの匂い。

 
そして、もうひとつが・・
子どもの頭皮の匂い(特に長男、当時4歳)

あ、うちの子たちが特に臭いってわけじゃないのですよ(誤解しないでくださいね)

 

ふだんは、好きなんです。

コーヒーの香りも、子ども達の匂いも。

 
でも、つわりの時は、一切近寄らないで!って感じでした。

旦那のコーヒーは、別にどうだっていいんです。

近づかなければいい。

けれど、子ども達はそうもいきません。

 

うちでは、あいさつのハグを日課にしています。

おはようのハグ、おかえりのハグ、おやすみのハグ。

寝る時は、手や足をなでなでして、一緒に寝ます。

 
ところが!!

つわりの時は、子どもの体温の高い湿った手や肌がくっついてくるのが、しんどくて、しんどくて。

そして、匂い・・

 
「おねがい、離れて。くっついてこないで。」

そんな感じでした、涙。

 

頭も気持ちも、いつも通りハグしたいんです。

でも、身体は無理。

理屈じゃない、生理的に拒否・・

 
こころとからだがまったく裏腹。

しかも、子どものことだから、メンタルのダメージが大きい。

 

どうしようもない吐き気やダルさより、
なによりも意外で、いちばんきつかったつわりの症状です。

幸い、ピークの2週間ほどでおさまりましたが、
それ以上、長引いたら大変だったと思います。

 

東洋医学でいうと、
母親としてのエネルギーは【土】です。

包容力、調整力、大地のエネルギー・・

 
つわりの時期は、
お腹に宿った小さな命が、子宮という大地に根をはっていく、大切な時期です。

母のエネルギーを、
お腹のあかちゃんに集中するために、そんな症状が出たのかもしれないと思います。

 
沖縄つわり鍼灸【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの