つわり対策

つわりの中で、もっともキツかったのは、ココロを痛めた○○だった。

つわりつらい理由/助産院ある

1人目2人目は、とくに、つわり症状がひどく、
妊娠悪阻を経験したわたし。

ずっと吐き気が続いて、なにも食べられなくて、吐いても出てくるのは胃液だけ・・

どんなにつらいか、つわりさんなら想像がつくかと思います。

 
それに比べて、3人目は、
比較的おだやかに、つわり期を過ごす事ができました。

ですが、そんな中でも、
もっともつらかったつわり症状は、あまりにも意外なもの。

 

つわりの時は、イヤな匂いで具合が悪くなることは多いですね。

よくあるものだと、ゴハンが炊ける匂いとか、たばこの臭いとか。

 
私の場合、どうしてもダメになった匂いが2つ。

旦那が飲むコーヒーの匂い。

 
そして、もうひとつが・・
子どもの頭皮の匂い(特に長男、当時4歳)

あ、うちの子たちが特に臭いってわけじゃないのですよ(誤解しないでくださいね、笑;)

 

ふだんは、好きなんです。

コーヒーの香りも、子ども達の匂いも。

 
でも、つわりの時は、一切近寄らないで!って感じでした。

旦那のコーヒーは、別にどうだっていいんです。

近づかなければいい。

けれど、子ども達はそうもいきません。

 

うちでは、あいさつのハグを日課にしています。

おはようのハグ、おかえりのハグ、おやすみのハグ。

寝る時は、手や足をなでなでして、一緒に寝ます。

 
ところが!!

つわりの時は、体温の高い、子どもの湿った手や肌がくっついてくるのが、なぜか、しんどくて、しんどくて。

その上、匂いもダメ・・

 
「おねがい、くっついてこないで。お母さんから離れてちょうだい。」

そんな感じでした、涙。

 

頭でも気持ちでも、いつも通り、ハグしてあげたいんです。

でも、身体が生理的に拒否・・

理屈じゃないんですね。

 
こころとからだが、まったく裏腹で、
しかも、子どものことだから、メンタルのダメージが、相当に、デカかったです。

 

どうしようもない吐き気やダルさは、
自分の事だけなので、寝たり起きたり、必死に耐えればどうにかなる。(もちろん、つらいけど)

でも、子どもの事は、
子どもにもわかってもらわないといけない大変さとか、伝わらないもどかしさとか、子どもを悲しませている罪悪感とか、

なによりも意外で、つわりの中で、いちばんキツかったつわりの症状です。

幸い、ピークの2週間ほどでおさまりましたが、それ以上、長引いたら、もっと大変だったと思います。

 
実際、2人目のつわりの時は、
つわりが終わった瞬間に、上の子が入院するという騒ぎもありましたし。。

第32話:やっとつわりが終わったと思ったら、今度は子どもが・・ オレの母ちゃんが、死んだ魚の目してる・・ https://karada-kulumi.com/mystory/031/...

その件に関しては、
今、考えても、どうしようもないなと思っているので、後悔や罪悪感はありませんけどね。

とにかく、当時は、心が痛かったです。

 

東洋医学でいうと、
母親としてのエネルギーは【土】です。

包容力、調整力、大地のエネルギー・・

 
つわりの時期は、
お腹に宿った小さな命が、子宮という大地に根をはっていく、大切な時期です。

母のエネルギーを、
お腹のあかちゃんに集中するために、そんな症状が出たのかもしれないなと思います。

 
エサの取り合いなどを考えると、生物的な本能から、
たとえ、兄弟であっても、ある意味、生き残りをかけた戦いでもありますから。

まぁ、彼らは、今も現在もとりあえず、戦ってますから、笑
お腹にいる時から、そうだとしても不思議じゃないですね。

 

つわりとマタニティ鍼灸・産前産後じゃないおっぱいセラピー【助産院 ある】/助産師の鍼灸師 下地あやの