つわり対策

つわりについて、まず知っておくべきこと。

つわりは、妊娠した女性の約8割が経験します。

時期が過ぎれば、ほとんどのつわりはおさまるので、大きなトラブルとしてみられることがほとんどありません。

だから、

「この時期だから、仕方がない」

「もう少しすればおさまる」

「自分の時は、もっと大変だった」(主に母親)

などといわれたりします。

 
また、妊婦さん自身も、
つわりに対して、同じように思っていたりします。

だから、つわりになった時、
つわりが過ぎていくのを、ただじっと耐えるしかないと思っています。

 

そういうわたしも、
自分がつわりを経験するまでは、つわりのつらさをこれっぽちも理解していませんでした。

助産師として、つわりの知識はあったはずなのに。

 
たしかに、つわりは、
妊娠した女性のほとんどが経験するかもしれない。

たしかに、つわりは、
時期がくれば、おさまるものかもしれない。

 
だけど、"今"あなたがしんどいことには変わりはない。

つわりの症状も、その程度も、そのつらさも、知っているのは、あなたしかいません。

つわりは病気ではないとか、時期がくればおさまるとか、他のだれかは楽だったとか、そんなの知ったこっちゃない。

 

だから「つらい」と言っていい。

必要ならば、「助けてほしい」「手伝ってほしい」と言っていいんです。

 

つわりは、暗くて長い、出口のみえないトンネルにいるような気になります。

こんなつらさが、あと1ヵ月も続くのかと思うと、絶望的な気持ちになります。

 

ひとつだけ、先に言っておきます。

残念ながら、つわりを"治す"ことはできません。

 
でもそれは、病院でも同じこと。

その理由は、現代医学では、
つわりの原因ははっきりとはわかっていないとされているからです。

 

ですが、つわり鍼灸はちがいます。

いろいろな角度から、つわりを観て、考え、
あなたに合った角度から、アプローチをしていきます。

 

つわりは、長くて暗いトンネルです。

もし、そこにあなたがひとりでいる時に、
誰かが、そばにいて、出口までの道のりや歩き方を教えたり、荷物を半分持つことで、疲れた身体を少しでも癒すことができたら・・

 
今のつらさを、[10]だとして、
それを、まったくの[ゼロ]にすることはできないかもしれない。

ですが、トンネルは同じだとしても、
誰かがいっしょにいてくれれば、きっと、それだけで楽になると思うのです。

 

必ず、終わりはきます。

大丈夫、大丈夫。

どうか、ひとりでがんばらないで。

一日でもはやく、
その苦しみに終わりがくることを願っています。

 

沖縄のつわり鍼灸【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの