つわり対策

つわりを楽にするセルフケア【冷え対策】

つわりセルフケア_沖縄つわり専門くるみ助産院

【冷え対策】
つわりの原因は、
身体の冷えからくるとも言われています。

というか、つわりに限らず、
身体の不調には、どこかしら必ずといっていいほど、冷えが関係しています。

 
ただ、つわりの原因が冷えから来てるとしても、妊婦さん自身の自覚がないことがほとんど。

実際に、
つわりの施術をしている時、「この人、冷えているな」と感じることは少ないんです。(もともと冷えやすいだろうなというのはわかります)

 
その理由は、
妊娠初期は体温が上がるのが、標準だからです。

妊婦さんは、基本、暑がりです。

 

逆にいうと、
もともと冷えがあった人は、妊婦さんにとっての標準体温に上げるために、冷えがあった分、エネルギーを多く使うことになります。

その余分なエネルギー消耗が、つわり悪化につながるのかもしれません。

 

話をもどして、
つまり、なにが言いたいかというと、冷えの自覚がなくても、つわりがひどい時は、どこかに冷えがあることを頭に入れていてほしいのです。

 

つわりの冷え対策といっても、
つわりの時期は、温かい飲み物や食べ物を受けつけなくなったり、お風呂の湯気だけで気持ちが悪くなることもあります。

だから、そういう時に、
無理に身体を温めるようなことはしなくていいです。

 
冷えが原因かもしれないということを頭において、身体が大丈夫そうな時は、ほんの少し、工夫してみてください。

いつもは、氷入りの冷たい飲み物を白湯や温かいスープを変えてみるとか、温タオルを胃にあててみるとか。

できる範囲でかまいません。

 
それで、つわり症状がすぐに良くなるではないけど、つわりが長引かずに済んだり、日々の体調の変化がおだやかになったり、

目にはみえないけど、なにかしら、プラスの効果は必ず、あります。

 

例えば、体調がゆるすなら、
足湯や肘湯などの部分浴を取り入れてみるとか。

あと、足首が冷えないようにするとか。

 
夏は、ほとんどクーラーをつかうという方は、足首だけレッグウォーマーを使ってみるのもおススメです。

足首だけでなく、
二の腕もかなりの冷えポイントなので、日よけのアームウォーマーを活用するという手もアリ。

 

冷えが身体に悪い影響を与えるのは、気の流れが悪くなることが根本にあります。

身体の中を流れるエネルギーのバランスが悪くなると言い換えてもいいです。

 

つわり鍼灸では、
鍼やお灸を使って、気の流れを良くすることを目的としています。

身体そのものを温めるのではなく、
お灸を使い、冷えによって気の流れが悪くなっている部分にアプローチします。

 
温かく心地いい刺激を、
ピンポイントで与えられるのがお灸のいいところ。

暑がりの妊婦さんや冷え自覚のない妊婦さんにも、気持ちよく受けていただけます。

 

冷えについては、
安産のためのカラダづくりにも関わってきます。

つわりの時期がおさまってからでもいいので、ご自身でできる工夫を取り入れてみてください。

 

くるみ助産院では、
自宅で簡単にできるお灸レッスンなども開催していきますので、ぜひ、参考になさってください。

 

沖縄のつわり専門助産院【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの