つわり対策

東洋医学でつわりが楽になる理由。

つわり東洋医学_沖縄つわり専門くるみ助産院
くるみん
くるみん
つわり整体って、東洋医学に基づいて施術をしているんだよね。どうして、東洋医学で楽になるの?
つわりには、ホルモンや自律神経、骨盤の動きなど考えられる原因がいくつかあったよね。それらを別々に考えるんじゃなくて、大きなひとまとまりとして観ることができるのが東洋医学の考え方だからだよ。

現代医学と東洋医学のちがい

具合が悪くて病院に行く時、どんな風に病院を選びますか?

胃腸が悪かったら内科、鼻炎だったら耳鼻科、歯が痛かったら歯医者さん。

その臓器や不調の原因によって分けて考えるのが、現代医学の特徴です。

 
たとえば、つわりなら産婦人科を受診するはずですが、もし、つわりの原因別に考えたら、どうでしょう?

吐気や胸やけがするから内科、ホルモンが原因だから内分泌科、自律神経の不調や精神的なものなら心療内科、骨盤や骨格の動きが悪いなら整形外科・・??

それってなんだか変です。

 
ホルモンの変化による不具合も、骨盤の動きや胃腸の具合の悪さも、精神的な症状も、すべてがつながっています。

身体全体をひとつのつながりとして、さらに心も、つながりのあるものとして考えるのが、東洋医学の特徴です。

 

つわりを診る時、大切なのは・・

どちらかが優れている、劣っているという話ではありません。

物事の見方、捉え方、価値観の違いです。

 
脱水症状や命の危険がある時には、すぐに病院に行くべきです。

そうではないけれど、生活をする上で、つわりの症状が辛いという場合、対応しやすいのはどちらか?ということです。

 
ひとことで【つわり】といっても、体質や臓腑の性質によって、いろいろな症状あります。

たとえば、食べても吐いてしまう吐きづわりと、食べないと気持ちが悪くなる食べづわりは、まったく逆の症状です。

東洋医学では、その症状の違いをみて判断し、どのような対応するかがポイントになります。

 
たとえば、体質や臓腑の性質によって、気を巡らす、胃の機能を高める、こもった熱を発散させるなどといった、東洋医学独特のアプローチをしていきます。

鍼やお灸を使い、ツボや経絡を刺激することで、全身への効果を期待します。

 

つわりは、妊娠・出産における身体の変化のひとつ。

辛いつわりを乗り越えた人は、つわりをきっかけに、身体を見直すことができます。

 
東洋医学の基本的な考え方に、「未病治(みびょうち)」という言葉があります。

「未(いま)だ、病(や)まざるを治(ち)す」といい、
「病気になってしまう前に養生をして、健康状態を維持する」という意味。

 
妊娠・出産は病気ではないといわれます。

けれど、女性のカラダや命にかかわることだから、「未病知」はとても意味のある考え方です。

辛いつわりを乗り越えることで、気付くことができるはずです。

 

沖縄のつわり専門助産院【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの