つわり対策

つわりとバセドウ病、こころとからだのつながり。

つわりが悪化しやすい人の中に、
バセドウ病(甲状腺機能亢進症)という項目があります。

つわりが悪化しやすい人。 つわりの程度というものは、 軽い人からものすごく重症化する人まで、ホントにさまざま。。 その中でも、病院での治療が必要に...

実は、私もそのひとり。

そこで、つわりとバセドウ病について調べてみたら、
いろいろと興味深いことがわかったので、今日は、つわりとバセドウ病について、深掘りしてみたいと思います。

 

バセドウ病とは

バセドウ病とは、正式名を甲状腺機能亢進症と言い、
その名の通り、甲状腺の機能が、必要以上に働いてしまう(亢進する)病気です。

女性の100人に1人がかかると言われており、それほど珍しい病気ではありません。

以前に、
シンガーソングライターの絢香さんがバセドウ病を公表して、話題になったりもしました。

 

甲状腺は、甲状腺ホルモンを分泌している臓器。

ノドぼとけの近くにあります。

甲状腺ホルモンは、
食べ物の代謝、新陳代謝の促進、体の組織を作る材料や体を動かすエネルギーの役割、発育や成長などにも関係します。

一言で言うと、
身体の働きを活発にする、アクディブホルモン。

 

バセドウ病は、甲状腺が働きすぎることで、
体内の甲状腺ホルモンが必要以上に多くなってしまう病気です。

なので、バセドウ病の症状は、
動悸、息切れ、疲れやすさ、指先のふるえ、暑がりで汗をたくさんかく、食欲はあるのに太らない、またはやせる、皮膚がかゆくなる、などです。

つまり、全体的に、身体の働きが活発になりすぎるという症状です。

 
原因は、はっきりわかっておらず、
自己免疫疾患(なぜか、自分で自分の身体を攻撃してしまう病気)のひとつだと言われています。

 

つわりと甲状腺ホルモン

一方、妊娠すると、
胎盤から出るHCGというホルモンの働きで、甲状腺ホルモンが一時的にふえます。

バセドウ病とは関係なく、妊婦さんは全員、そうなります。

そして、人によっては、
甲状腺ホルモンがたくさん増えすぎて、バセドウ病と同じレベルになる場合があります。

これを、妊娠一過性甲状腺機能亢進症といいます。(漢字がいっぱいだけど"妊娠の時だけちょっぴりバセドウ病チック"という意味)

 
バセドウ病との違いは、時期が過ぎれば、自然と治るところです。

ですが、妊娠一過性甲状腺機能亢進症になると、つわりがひどくなるといわれています。

これは、つわりには、甲状腺ホルモンが関係しているからです。

 

わたしとバセドウ病。

ちなみに、私がバセドウ病を指摘されたのは、初めての妊娠が分かって病院を受診した時でした。

つわりがひどく、点滴治療を受ける際、血液検査で判明しました。

私が受診した産科クリニックでは、
妊娠初期の検査に、甲状腺ホルモンの項目が入っていて、たまたま、病気が発覚しました。

のちに知ったことですが、
すべての病院で、甲状腺ホルモンを調べるわけではないんだそうで、ラッキーといえばラッキーかな?

 

バセドウ病は、動悸、息切れ、疲れやすさなどの自覚症状から発覚することが多いのですが、

私は、つわり以前に、そんな症状を感じたことはありませんでした。

調べたところによると、妊娠(つわり)を期に、バセドウ病を発症することは、あまりないようなのです。

つまり、妊娠前からバセドウだった可能性が高いのですが、
妊娠前にはまったく症状はなかったので、いつ、発症したのかは不明です。

 

バセドウ病がわかってから、内服による治療が始まりました。

つわりの時期は、この薬を飲むのがホントに辛かったです。

地獄絵図。。つわりで大切な薬が飲めません!! はじめての妊娠の時に、バセドウ病が発覚した私。 甲状腺ホルモンが爆上がりしているとのことで、とにかく、それを抑えるための内...

 

つわりとバセドウ病の、こころとからだの関係

さて、一般的なサイトなら、ここで終わるところですが、
ここから、つわりとバセドウ病の、こころとからだのつながりについて、深掘りしていきますね。

むしろ、こっからが本題です!!笑

 

バセドウ病は、自己免疫疾患のひとつなのですが、
自己免疫疾患というと、ぜんそくやアトピーなどが有名ですね。

自分で自分の身体を攻撃してしまうというのは、
身体の免疫機能の働きによるものですが、それとともに、ココロとも大きく関係しているといいます。

 
バセドウ病にも、
身体からのメッセージがあるとするなら、なにを伝えたがっているのか?

甲状腺の機能が亢進している人の場合、身体からのメッセージはこうです。

あなたは行動しすぎています。
本当は、自分を統御して、自分の人生を創造したいのに、愛する人たちの面倒を見なければならないと思い込んでいるために、それができずにいます。

行動に移る前に、十分に時間をかけて、自分自身のニーズを探ってください。行動しすぎる人と言うのは、ほとんどの場合、誰かに対して何かを証明しようとしているものです。あるいは、行動することによって、誰かに愛してもらいたいと思っているものです。自分に対して多くを要求しますが、他の人たちに対しても多くを要求します。素早く行動できなくなること、自由に行動できなくなることを非常に恐れています。物事は早くやらなければならないと思い込んでいます。その行動は、自分の本当のニーズに基づいておらず、また、正しい動機に裏付けられていません。

もっと活動量を減らしてください。そして、じっくり時間をかけて、あなたが本当に望む事は何かを確かめてください。

あなたに本当の喜びを与えてくれるのはどんなことですか?みんなから重要であると思われ、認められ、愛されるために、あなたは今のように活動し続ける必要はありません。また、すべてを急いでやらなくてはならないと言う思い込みもいりません。

あなたの本当のニーズに従って、あなたが自然のリズムに戻った時、その事はあなたの周りにいる人たち全員を喜ばせることになるでしょう。甲状腺は、成長を司っています。あなたの本当のニーズを尊重して、本当にあなたがやりたいことだけをやってください。そうすればあなたは今よりもはるかに成長することができ、あなたが持っている魂の目的を達成することができるでしょう。

~ 自分を愛して/リズ・ブルボー著 より~

 

以前、『つわりになりやすい性格』についての記事を書きました。

あなたは、いくつ当てはまる?つわりになりやすい性格チェック。 知ってました?? つわりがひどくなりやすい性格ってあるみたいなんです。 つわりの症状とパーソナリティの関連性...

 

両方に共通する部分があると思うんですよね。

私は、つわりや子育てを通して、
そういう身体からのメッセージに耳を傾けることに、時間を費やしました。

そうして、これらのメッセージが、
「あぁ、その通りかもしれない。。」と、ほんとうの意味で腑に落ちた時、

理由もなく苦しかった子育てが楽になり、

そして、いつの間にか気が付いたら、バセドウ病が治っていました。

 

きっと、病気や不調や困難な出来事にぶつかった時、
世界中の誰よりもあなたを愛しているあなたの身体が、あなたに伝えたいメッセージがあるんです。

気付いてほしいなにかが、そこにあるんです。

 

でもね、つらい時に、それを受け取るのってよけいにツラいのよ。

見たくない。聞きたくない。
いや、私、全然、そんなんじゃないよ。
今は、そういうのいい。いらない。大丈夫。

って、どこかで思ってしまう。

今までの自分を守りたいという本能が働く。

うん、それはそれでいい。

でも、いつかは対峙しなくちゃいけない時がくる。

だからって、無理に「そう思わなくちゃ!」とリキむのは本末転棟。

 
「あぁ、ホントにそうだな・・」って、
しずかに、乾いた土に水がしみ込むみたいに、腑に落ちる時は、

緊張している身体が、まず、ゆるまなくちゃいけない。

身体からのメッセージを受けとるには、やっぱり、身体から。

ってことなんです。

 

いろいろ試してきて、
それが、私が、最後にたどりついた答えだったから、

だから、そんな手助けを必要としている人が、
きっと、絶対にいると思ったから、いま、ここでこうしています。

 

つわりとマタニティ鍼灸・産前産後じゃないおっぱいセラピー【助産院 ある】/助産師の鍼灸師 下地あやの