つわり対策

つわりデトックス説って、なにかの罠なんじゃないかと思う時。

「なぜ、こんなにつらいんだろう?」

つわり中は、ずっとそのことを考えていました。

考えてもわかるもんじゃないけれど、納得のいくこたえを探し求めていました。

 

つわりには、いろんな説があって、
その中に『つわりは、排毒(デトックス)だから、体にとって必要なことなんだ』などと書いてあったりします。

たしかに、うなずける部分もあるけれど、はたして、本当にそうなのだろうか?

つわりデトックス説って、なにかの罠じゃないか??(考えすぎ・・)

正直、そんな疑問をもっています。

 

体にたまっている余分なもの、普段十分に排泄されていないもの、赤ちゃんの体づくりに邪魔なもの・・

それを外に出す。つわりがあるのは、そのため。

排毒がうまくいかないと、赤ちゃんの乳児湿疹やアトピーの原因になったりもするとまでいう人もいます。

だから、つわりは必要なものだと。。

 

もし、仮に、それが本当だとしたら、
つわりが、こんなにもしんどい私は、きっと、体の中に、ひどい毒素がたくさん溜まっているのですね。

だから、私はこんなにツラい思いをしなくちゃいけないのですね。

つまり、私が悪いってことですね。。

 

・・・

はい!出た!!

つわりマイナス思考、これぞ、つわりの負のスパイラル!!

うっかり、罠にはまるところでした。

 

つわりデトックス説の罠は、さらに、もうひとつあるのです。

それは「つわりは必要なモノだ」という先入観。

 

こんなに苦しむことが、わたしには必要なことなんですね。

そう思わなきゃいけないよね。

だって、デトックスなんだもん。

だから、がんばらなきゃいけないよね。

つわりを受け入れなきゃいけないんよね。

無理だよー苦しいよー

自分の体を信じられない、そんな私はダメだ。

だから、もっと我慢しなきゃ。。

 

はい、出たー、恐怖の2重スパイラル。

必要だ、大切だと言われたら、
苦しいのに、〇〇しなきゃいけない。

それを受け入れなきゃいけない

って思いこんじゃうところ。

これも、つわりデトックス説の罠!!

 

もちろん、私は、しっかり落ちましたよ。

よけいに、自分を追い詰めました。

 

それでね、気付いたことがあるんです。

どんなにそれらしくて、どんなにもっともらしく、まことしやかに言われていることでも、自分を追い詰め、苦しめるものを「それが真実だ」と思いこんではいけない、ということを。

これね、子どもがうまれた後の、子育てあるある、でもあるんだよ。

 
そっちに悪意はない。

むしろ、良い事を言っている。

だから、よけいに気をつけなくちゃいけない。

苦しい時に、もっと苦しくなるような真実は、あなたにとっての真実ではありません。

 

整体で、ものすごく有名な先生がね、こんな事を言っているのよ。

「つわりを、自然の生理現象として肯定して、それをなくそうと思って努力してみても、かえって逆効果をもたらすおそれがある。だから、まず『つわりはいらないものである』と思ってみること」

(整体入門/野口 晴哉 著、一部抜粋)

 

なんだか、胸がスッとするね。

そうだ!つわりはいらないものだ!!(キッパリ)

まずはそう、自分に宣言しよう。

妊娠の変化として、少しくらいならあってもいいけれど、それが、こんなにひどくある必要なんて、どこにもないのだから。

 
私もそう思って、つわり鍼灸をやっています。

つわりさんの体に触れる時、無意識の領域で、あなたの体も「そうだ、つわりはいらないものだ!」そう思ってくれる事で、つわりが早く終わったらいいなと思っています。