つわり対策

つわりは赤ちゃんからのメッセージ・・んなわけないでしょ!!

今日は、ひねくれた記事を。笑

個人的な意見なので、あまり鵜呑みにしないでね。

 

たまにね、

「つわりは、"お母さん、無理しないでね"っていう、お腹の赤ちゃんからのメッセージだと思って、前向きに考えましょう」的なアドバイスあるじゃないですか。

あれ、見るとね、
ホントか?!マジで言ってるのか?って、思ったりします。

「こっちは、つわりで死にそうな思いしとんのじゃ!!こんなのが、赤ちゃんからのメッセージなわけあるかいっ!!この状況をどうやって前向きにとらえれるんですかね!!」

って言いたくなります。

 

ま、ほぼ、ただの八つ当たりですけどね。笑

ただ、個人的に「つわりは、赤ちゃんからのメッセージ」というキラキラしたお花畑的発想が、あまり好きではないというお話です。

時には、そういうのも大事だし、場合によっては好きだけど、

つわりに限っていうと、もっと本能的で、キレイゴトが通じない、野性的な力って感じがするからです。

 

例えるなら、

お外、雨降ってるから
お気に入りの傘さして、ピカピカの長靴で、おでかけしましょう。ランランラン♪と言いたいのもわかるけど、

いや、今、外は台風で、豪雨だよ!川が決壊して、被害が出ているのに、それどころじゃないよね!!って感じ。笑

わかるかな。

 

赤ちゃんからのメッセージというより、身体そのもの、生命そのものからのメッセージ。

「あらがうな!受け入れろ!生きるとはこういうことだ!でも、あきらめるな!最大限の努力はする!生きるために!!」

これでもか、これでもかと襲ってくる吐き気は、有無を言わさない強さがある。(マジでへこたれる)

 

そんな時に、

「つわりは、"お母さん、無理しないでね"っていう、お腹の赤ちゃんからのメッセージ♥ 前向きに考えましょう」

って言われたら、

「え?!全然、そう思えない。お腹の赤ちゃんは、私に恨みでもあるのか?これは一体、何の罰なんだろうか?そう思えない私は異常なのか??わぁ、せっかく赤ちゃんが来てくれたのに、私、母親失格~」

って、謎の負のスパイラルに陥っちゃうよ。

 

たしかに、命や自然はうつくしい。

妊娠やお産は感動的。

でも、それだけじゃない。

すべては「陰」と「陽」で出来ていて、清も濁もあわせ持つのが命。

だから、無理に前向きになることなんてない。

そして、そのことを忘れちゃいかんのだよ。

いい時も悪い時も、どんなことを思ってても、
今日、あなたが生きている、それだけで十分なのだから。