つわり対策

つわりを楽にするセルフケア【肩甲骨】

つわりセルフケア肩甲骨_沖縄つわり専門くるみ助産院

つわりの気持ちが悪さがずっと続くと、
カラダも心もいつも緊張して、コリ固まってしまいます。

それが、つわりの悪化にもつながります。

 
なので、ふと思いついた時に、ちょっとだけ意識してみてください。

エクササイズというほどのものではありません。

動けない時は無理にしなくていいです。

寝ながらできる、ゆる~いストレッチです。

 

肩こりの原因は、肩甲骨の動きの悪さがひとつにあるといわれています。

肩甲骨の動きが悪いというのは、
肩甲骨周りの筋肉がこって、肩甲骨が肋骨(胸郭)に張り付いた状態です。

 
つわりで具合が悪いと、肩にも力が入って、胸がキューッと縮まって、呼吸が浅くなって、身体全体が緊張しています。

肩甲骨をゆっくりじっくりと動かすことで、その状態を改善するためにやります。

 

まず、仰向けに寝ます。

背中の肋骨に張りついた肩甲骨をはがすつもりで、肩甲骨にグッと力を入れます。

寝たまま、肩甲骨を上にあげてみたり、下におろしてみたり、左右にひらいてみたり・・

ゆっくりあちこち動かしてみて、張りついた肩甲骨をはがすイメージ。

 
イメージなので、こまかい動きはこだわならくて大丈夫。

自分の感覚で、動かしてみてください。

実際に動くのは、ほんの少しでいい。

ぐりぐりとたくさん動かさなくていいです。

呼吸にあわせて、
ゆっくり、じっくり少しずつ、そして、だんだん、ちょっとずつ動かす範囲を多くしていくとよいです。

 

仰向けだと、肩甲骨がお布団にあたるので、イメージしやすいかなと思います。

肋骨と肩甲骨の間に、ほんの少し隙間ができたのをイメージして、床に押し当てたまま、肩甲骨をゆっくりと動かします。

肩甲骨だけが動くのではなく、肩全体や腕がぐりぐり動いたり、背中や腰もうねうね動く感じ。

 
肩甲骨周りが少しほぐれたら、
寝たまま、肘や手首、さらには股関節や足首をゆらゆらと動かしていきます。

全身の骨格がつながっているから
一カ所がよくなって位置が修正できたら、そのしわよせが違う関節に移動するするイメージ。

しわよせが身体の中心から末端へ移動していくイメージです。

 
手首、足首までゆらゆら動かしたら、
だら~んと全身の力をぬいて、そのまま寝る。

横向きでやってもいいです。

つわりで寝すぎて、
肩がダルイ、背中が凝っているという時にもおすすめです。

 

つわり整体でも、肩回りや肩甲骨をゆるめる施術をよく行います。

人にやってもらうのは、
もちろん、すごく気持ちいいし、ほぐれるのもはやいです。

自分でやるにしても、
一度、やってもらって、その感覚をおぼえるからやるのもいいと思います♪

 

沖縄のつわり専門助産院【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの