つわり対策

つわりで仕事を休む時、なるべく迷惑にならない方法を考えてみた。

「つわりで辛いけど、仕事を休めない。職場に迷惑をかけられない。」

働く女性にとって、大きな悩みです。

 

わたし自身も仕事をしながら、つわりの時期を乗りこえたので、よくわかります。

通勤途中で具合が悪くなり、
職場にたどりつけず、そのまま休職から、退職したこともあるし。

 
2人目の時は、6週頃から具合が悪くなり、
8週目にはもう起き上がることもできず・・

つわりが治まるまで約2ヶ月ほど、おやすみをいただいたこともあります。

 
思うように仕事ができない焦り、仕事を休む罪悪感・・

いろいろありましたが、それでも、なんとかやってきました。

 

そこでもし、つわりで仕事が出来なくなった時、
なるべく、職場に迷惑をかけない休み方を考えてみました。

 
この記事を読んだら、

・つわりで仕事を休むことについてどう考えるべきか?
・つわりで仕事を休む時の届け出
・なるべく職場に迷惑をかけない方法

について、知ることが出来ます。

 

つわりで仕事を休むことについて、どう考えたらいいのか?

つわりで仕事がツラいなら、
【最大限の勇気】を持って、休むべきです!!

 
つわりの意味を考えると、
それが、あなたの身体と大切な赤ちゃんの命を守ることにつながるからです。

 

つわりが起きる妊娠初期は、特に、
身体にとっての負担やリスクが高い時期でもあります。

たとえば、産休に入る時期が決まっているように、
妊娠証明書が出たら、確実におやすみをもらえるような制度があったらいいのに。。

本気で、そう思います。

 

つわりで、仕事を休む時、
必ず必要なものが、病院から出される『診断書』です。

 
「つわりがどの程度だったら、休むための診断書を出してもらえるのか?」

そんな疑問を持っている方がいたら、安心してください。

病院に行って、

「つわりがしんどくて、仕事に行けないので、診断書ください」

ハッキリ、こう言えばいいだけです。
 

「ダメです。あなたはもっと働けます」
などという医者は、絶対にいませんから、大丈夫です。

 

どんな診断書を書いてもらえばいいか?

そんなときは、こちらを利用しましょう。

『母性健康管理指導事項連絡カード』

厚生労働省が正式に認めている制度で、
病院で記入してもらうことで、診断書の代わりになります。

 
これを提出された職場は、適切な措置を講じなければなりません。

「医師にこう言われました」という内容を、
妊婦本人・医師・職場の三者で共有できるのが、このカードのメリットです。

 
つわりだけなく、
切迫流産などで、入院はせずとも安静が必要な時、貧血があってめまいがひどい時などにも活用できます。

妊婦とお腹のあかちゃんの健康を守るためのものなので、ぜひ、しっかりと活用してください。

 

そして、なるべく職場に迷惑をかけない休み方とは・・

まず、妊娠がわかったら、
直属の上司や近くの同僚には、早めに伝えておくことです。

 
妊娠が判明したら、安定期に入るまではなにがあるかわからない。

そういう理由から、
どのタイミングで、妊娠を伝えたらいいか、迷うこともあるでしょう。

 
その気持ちもわかります。

ですが、つわりの程度や休む・休まないにも関わらず、
ひとことでもいいから、できるだけ早め伝えておくことは必要だと感じてます。

 
つわりだけでなく、妊娠中は何があるかわかりません。

具合が悪くなってから「実は・・」というより、
双方がそのつもりで心の準備しておける方が、後々にとっても、なにか都合がいいと思います。

 

けっきょく、最終的には「しょうがないこと」と割り切ること。

いくら他人に迷惑がかかっても、冷たい目線で見られても、罪悪感にさいなまれても、具合が悪いのは事実。

つわりで働けない時は、しょうがないのです。

だって、動けないんだもん。

大切な赤ちゃんと自分の命を守るためだ!と割り切るしかない時もあります。

 

元気になってから、
お返しのつもりで働こう。

ほかの人が、急な体調不良や産休に入る時は、
気持ちよく、休みをとってもらおう。

 
そうやって、持ちつ持たれつで、
会社というものは、なりたっているんじゃないでしょうか?

 

だから、つわりに限らず、日頃から、
万が一、なにかあった時には、引継をお願いできるように、整理をしておくこと。

書類やパソコンのデータなど、なにがどこにあるのか?
優先的に行う案件はなにか?
電話やメールだけでも、用件が伝えられるくらいにしておく。

常日頃から、
自分ひとりだけで抱えず、【ほう・れん・そう(報告・連絡・相談)】をしておく。

 

さらには、できる仕事は嫌がらず、自らすすんでやっておく。

少々、めんどくさいと思う事でも、
できるんだったら、ていねいに精一杯やっておく。

そうすることで、職場での信頼貯金を積んでおくのです。

 
なにかあって突然休んだ時、
周りの人は、口には出さずとも「○○さんはいつも一生懸命で、マジメにがんばっているし・・」と思ってしまうのが人情です。

そういった意味でも、やはりコミュニケーションって大事ですよね。

 

そうはいっても、
やるだけやっても、心ない言葉や態度をとる人はいるし、休むことで迷惑をかけるのは事実です。

だからといって、
つわりでヘロヘロになった身体に、ツラい鞭を打って、ギリギリまで働くべきか?

わたしは、そうは思いません。

 

なぜなら、つわりに限らず、
もし、あなたが子どもが生まれた後も仕事を続けたいと思っているのなら、職場との調整は、避けては通れないものになってくるからです。

子どもの発熱や風邪などで、仕事を休んだり、遅刻したり、早退が必要だったり・・

いま、思っている以上に、
ホントに、これでもかっていうぐらいにやってきます。

 
突然、仕事を休むことの罪悪感、思うように仕事ができない焦り・・

それをどう扱うのか?どう調整していくのか?

妊娠中からの準備期間だと考えましょう。

 

たとえ、妊娠中は元気でも、
子どもが生まれた後は、絶対にそうはいかないです。

職場の環境整備、今から心がけておくといいと思います。

 

沖縄つわり鍼灸【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの