つわり対策

つわりと流産と、鍼灸整体施術について

つわり流産施術_沖縄つわり専門くるみ助産院
くるみん
くるみん
妊娠初期には、つわりだけじゃなくて、流産の心配もあるよね。つわり整体を受けることで流産の危険性とかはないの?
すごく大事な質問だね。時期が時期なだけに、心配する人もいると思うから、ここではっきりと説明しておくね。

つわりと流産の時期

つわりの症状が続くのは、妊娠6週~15週ごろが一般的。

つわりと重なる妊娠初期に、同じく心配なのは【流産】です。

 
流産は、妊娠全体の約15%の確率で起こります。

そのうち、妊娠12週までの流産は、流産全体の8割にのぼるといわれています。

 
16週(妊娠5か月)になると、次第に、つわりの症状は落ち着いてきます。

胎盤が完成し「安定期に入った」と言われ、
つわり症状が落ち着くだけでなく、流産の危険性が減るという時期でもあります。

 
安定期に入る前は、
流産する可能性が比較的高いことから、大事に過ごす配慮が必要です。

それは、鍼灸や整体でも同じこと。

中には、安定期に入るまでは、妊婦さんの施術をお断りしている治療院や整体院もあります。

 

流産とつわり整体について

流産とつわり整体について、
どのような考えのもと、施術を行っているかをお話します。

流産は、とてもとても悲しい出来事です。

悲しい出来事なだけに、
「なぜ、そうなってしまったのか?」と、自分を責めたくなる気持ちもわかります。

妊娠初期に起こる流産は、
あかちゃんに問題があったことが原因で、お母さんに一切の責任はありません。

重たい物を持ったとか、無理をしたとか、お母さん自身の行動とは関係はなく、赤ちゃん側の都合で起こるものです。

 
日本産婦人科学会でも早期流産の原因について、

早期に起こった流産の原因で、最も多いのが赤ちゃん自体の染色体等の異常です。つまり、受精の瞬間に「流産の運命」が決まることがほとんどです。この場合、お母さんの妊娠初期の仕事や運動などが原因で流産することは、ほとんどないと言って良いでしょう。

と述べられています。

 

それらをふまえて、安定期に入る前の施術をお受けしています。

つわりのいちばん辛い時期に、
身体が必要としているなら、そのためのケアをしたいと思うからです。

 

施術を行う際は、お身体の反応をきちんと診ながら、施術をします。

痛い鍼や熱いお灸、強い骨盤矯正などは一切、行いません。

お母さん自身とあかちゃんに悪い影響を与えることがないよう、細心の注意を払っています。

 
施術前には、母子手帳や妊婦健診の結果、その時の健康状態について、きちんと確認させていただきます。

場合によっては、施術をお断りしたり、先に病院受診をおすすめすることもあります。

 

「そうは言っても、万が一、なにかあったら、だれが責任をとるの??」

もし、そう言われたら、残念ながら、そのお言葉にお答えすることはできません。

責任の問題ではなく、選択の問題だと思うからです。

 
それほど大切な時期に、
わたしを信頼して、お身体をまかせていただけることは、本当にありがたいことだと思っています。

だから、そのお気持ちにしっかりお応えできるよう、出来る限りのことを精一杯、やらせてもらっています。

 

とても大切なことなので、あえて書きました。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 

沖縄のつわり専門助産院【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの