つわり対策

つわり中に食べられなくなったものといえば・・

つわり食べられなかったもの_沖縄つわり専門くるみ助産院

つわり中に食べられなくなったものはたくさんあります。

人それぞれなので、
参考になるかはわからないけれど、印象に残っているものをかいてみます。

 
好きでいつも食べていたのに、食べられなくなったもの。

① ゴハン
② みそ汁
③ カフェオレ&スコーン

 

つわり中、ゴハンが炊ける匂いがダメという人は多いのかな。

そういえば、なぜか、生米が食べたくなって、ポリポリ噛んで食べたという話を聞いたことがあります。

 

東洋医学で、お米といえば、五行論の【土】のエネルギーと関係があります。

【土】のエネルギーは、母なる大地のエネルギー。

 
つわりの時期は、胎盤が完成する安定期までが一般的です。

大地に根を張るように、しっかりと胎盤が完成するためのエネルギーと関係しているのかなと思ったりします。

 

いつも食べているものが食べられなくなるというのは、
思っている以上に、ココロのダメージが大きい。

こんなにも食べられないものなのかと、自分自身にショックを受けます。

 
逆に、少しでも食べられるものがみつかると、すごくうれしい。

そして、次の日には食べれなくなると、ものすごくかなしい。

たった、それだけのことに一喜一憂してしまいます。

 

もうひとつ、かなしいのは、
好きだったのに、つわりで気持ち悪くなったせいで、つわりがおさまっても、しばらく、それが食べられなくなること。

お気に入りだったカフェのランチとか、ひつまぶしとか。

好きなのに食べられないことが残念すぎて、つわりの時に食べなきゃよかったと思ったこともありました。

つわりトラウマ。。

 
そういえば、
つわりトラウマは、匂いや食べ物より、音に関することが多かったです。

それについては、コチラでも話しています。

【くるみラジオ】第2回「つわりの人がラジオを聴いてはいけない理由」 第2回 くるみラジオ、ON AIR~♪ くるみラジオとは、 くるみ助産院がお届けする『女性のしあわせなカラダについて...

 
ですが、何度も言うように、
トラウマになったらイヤなので、つわりがおさまってから聴いてくださいね、笑;

 

匂い・味・音・・

身体の器官でいうと、
それぞれ、鼻・舌・耳に関係がありますが、もし、つわり経験者によって違いがあるなら、東洋医学的にどんな体質なのか紐解くことができるかもしれません。

今後の研究材料にしたいと思います。

 

今日は、あまりオチのない話になってしまいました。

すいません。

まぁ、そんな日もあるよね。ってことで。

 

沖縄のつわり専門助産院【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの