つわり対策

つわり中に食べられなくなった悲しさと、つわりトラウマ

つわり食べられない食べ物/助産院ある

つわり中に食べられなくなったものはたくさんあります。涙

人それぞれなので、
参考になるかはわからないけれど、印象に残っているものを書いてみます。

 
いつも食べていた好きな食べ物だけど、食べられなくなったもの。

① ゴハン
② みそ汁
③ カフェオレ&スコーン

 

つわり中、ゴハンが炊ける匂いがダメという人は多いのかな。

生米が食べたくなって、ポリポリ噛んで食べたという逸話も聞いたことがあります。

私は、ゴハン大好きっ子なのですが、
ご飯が食べられなくなって(ご飯を美味しいと思えなくなって)悲しかったです。

 

東洋医学で、お米といえば、五行論の【土】のエネルギーと関係があります。

【土】のエネルギーは、胃腸を助けるエネルギー。

そして、母なる大地のエネルギーでもあります。

 
つわりは、胎盤が完成するまでの時期と重なりますね。

木が、大地に根を張るように、
子宮に根をはる胎盤が、しっかりと完成するためのエネルギーと関係しているのかなと思います。

いつもは、お米を消化するために使うエネルギーを、
母になるエネルギーとして使っているのかもしれないですね。

 

お米が食べられなくぐらい、なんてことないと思うかもしれませんが、
いつも食べているものが食べられなくなるというのは、思っている以上に、ココロのダメージが大きい。

不思議ですが、
こんなにも食べられないものなのかと、そんな自分自身にショックを受けるんです。

 
その逆で、少しでも食べられるものがみつかると、すごくうれしい。

そして、次の日には食べれなくなると、ものすごくかなしい。

たった、それだけのことなのに、一喜一憂してしまいます。

 

気分の波が、エネルギーを消耗する。

私がつわりの時、そういうことをおしえてくれる人はいませんでした。

でも、最初からそういうものだと知っていれば、つわりの感じ方もきっと変わると思っています。

 

もうひとつ、つわり中の食べ物で、悲しいと思う出来事は、
好きだったのに、つわりで気持ち悪くなったせいで、つわりがおさまっても、それが食べられなくなること。

お気に入りだったカフェのランチとか、ひつまぶしとか。

好きなのに、食べたいのに、
食べようと思うと気持ちが悪さがよみがえってきて、食べられない。

せっかく、つわりが終わったのに、
好きなものを好きなように食べられないことが残念すぎて、つわりの時に食べなきゃよかったなと思ったことが何度もありました。

つわりトラウマですね。。

 

つわりトラウマといえば、
匂いや食べ物よりも、私は"音"に関することが多かったです。

つわり中、気をまぎらわすために見ていたTVのジングルとか、電話の着信音とか。

つわりが終わったのに、
その音を聴くと、気分が悪くなる気がして、しばらくはしんどかったですね。

 

匂い・味・音・・

それぞれ、鼻・舌・耳に関係があるので、

きっと、つわりさんによっても違いがあると思うから、どんな体質で、どんなつわりの傾向があるかも紐解くことができるかもしれませんね。

今後の研究材料にしたいと思っています。

 

つわりとマタニティ鍼灸・産前産後じゃないおっぱいセラピー【助産院 ある】/助産師の鍼灸師 下地あやの