つわり対策

つわりと流産について。

つわりと流産/助産院ある

つわりの症状が続くのは、一般的に、妊娠6週~15週ごろ。

そして、これとほぼ同じ期間に重なる心配事が【妊娠初期の流産】です。

 

流産は、妊娠全体の約15%に起こります。

そして、そのうちの8割が、
妊娠12週までの【妊娠初期の流産】と云われています。

 

流産は、とてもとても、悲しいことです。

「なぜ、そうなってしまったのか?どこかで、そうなる原因を作ってしまったのではないか?」

と、自分自身を責めたくなる。

実際、一般的な整体院やマッサージ店などでは、
流産のリスクのある、妊娠初期の妊婦さんはお断りしているところも多いです。

 

ですが、妊娠初期に起こる流産は、ほとんどが赤ちゃん側の問題です。

日本産婦人科学会のサイトにも、

早期に起こった流産の原因で、最も多いのが赤ちゃん自体の染色体等の異常です。つまり、受精の瞬間に「流産の運命」が決まることがほとんどです。この場合、お母さんの妊娠初期の仕事や運動などが原因で流産することはないと言って良いでしょう。

と書かれています。

 

ですから、当院では、
以上の点をご説明した上で、妊娠初期からの施術をおこなっています。

もちろん、その都度、お体の状態を確認し、母子手帳のチェックも行います。

施術は、デリケートな体に負担のないやさしい手技で、
妊娠初期から安心して通っていただけるよう、配慮をしています。

 

よく、つわりさんを励ます意味で、

「つわりは、赤ちゃんが生きようとする意志だから、つわりがきついってことは、それだけ赤ちゃんが元気だという証拠。」

と言う人(医療者も含めて)もいます。

たしかに、そういう一面もあるかもしれない。

 
まだ、ちいさくて、
本当に、そこにいるのか、実感がわかない。

とくに問題がなければ、
次の受診が一カ月先なんてこともある。

そんな時、つわりが、
「ぼく、ここにいるよ。わたし、ちゃんと生きてるよ。」ってサインなのかも。

(時々、あまりにアピールが強すぎて、こっちがもたないから「もう、わかったよ!!」って気にもなる・・苦笑;)

 

つわりがツラくて、心が折れそうな時も、
赤ちゃんが元気でいてくれるなら、それだけが生きる支え、何者にも代え難い励みであり、唯一の救いです。

そして、妊娠5ヶ月(16週)になると、つわりの症状は、次第に落ち着いてきます。

 
この時期は、
胎盤が完成し、一般的に『安定期に入った』とよばれる時期。、

つわりが落ち着くだけでなく、流産のリスクが低くなる時期です。

 

やはり、それまでは、とにかく大事に過ごすことが必要。

そういう大切な時期だからこそ、
安心して、お身体をまかせていただけるよう、十分な配慮をし、精一杯、やらせてもらっています。

何卒、よろしくおねがいします。

 

つわりとマタニティ鍼灸・産前産後じゃないおっぱいセラピー【助産院 ある】/助産師の鍼灸師 下地あやの