つわり対策

つわりを楽にするセルフケア【横隔膜をゆるめる】

つわりセルフケア横隔膜_沖縄つわり専門くるみ助産院

【横隔膜をゆるめる】

絶えず気持ちが悪くて、息を深く吸うだけで、吐き気がこみあげてくるつわり。

無意識のうちに、呼吸が浅くなり、みぞおちが固くなってしまいます。

それが、つわりの期間2~3ヶ月続くと、
横隔膜もみぞおちも胸郭もゆるむことを忘れてしまう。

 

呼吸が浅くなると、全身の気の流れが悪くなります。

みぞおちが固くなると、胃の動きも悪くなるんです。

 

深い呼吸を意識するのもアリですが、吐き気があると、それはむずかしい。

気持ち悪すぎて、
呼吸がどうこうとか、意識する余裕はないですものね。

 
そういう時は、呼吸はさておき、みぞおちをゆるめるつもりで手をあてるとよいです。

わき腹からみぞおちに手を当てて、横隔膜を意識しながら、ただ、ゆっくり呼吸します。

キュッと緊張して固く縮んでいる横隔膜が、ゆっくりゆるんでいく様子をイメージしましょう。

 
吐き気が出てくる怖さで、
息をたくさん吐くのを、途中で止めてしまうかもしれません。

もしできるなら、
「もう、吐いてもいいや」と肚をくくって、ゆっくり長く、すこしずつ息を吐ききってみてください。

できるだけ、細く長く。

 
息を全部吐いたと思うところから、あと2段階、息を吐きます。

細く長くがポイント。

その時に、手をあてているみぞおちから脇腹が緩んで、胸郭が縮めばマルです。

 

もしかしたら、軽くゲップがでるかもしれません。

ゲップが出るのは良いことです。

胸の中で、うっ滞していた気が動きだした証拠。

 

気持ちが悪くて、そこまでできない時は、
横になった状態で、軽く背伸びをするように片腕をあげ、反対の手で、わきの下から横腹にかけてさすったり、手当てするのもよいです。

胸郭がゆるむと、こみあげる吐き気が良くなることが多いです。

 

ただし、セルフケアだけでは限界があります。

つわり整体では、
胸郭だけでなく、肩甲骨や背骨の調整、背中のツボなどもつかって、上半身の気のめぐりを調えます。

背中がゆるむと、ウプウプとした胸のつかえや気持ち悪さがスッと取れます。

自分で、背中のケアをするのはどうしても限界がありますよね。

 

ただし、1回だけの施術では、持続期間にも限界があります。

つわりがおさまるまで、数回通っていただくのが理想です。

 
もし、1回の施術が終わった後、
少しでもスッキリした感じがあったら、あなたの身体につわり整体が効くということ。

ぜひ、1週間後、もしくは2週間後に再度、お越しください。

つわりがよくなっていく経過を、さらに実感できるはず。

 

沖縄のつわり専門助産院【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの