つわり対策

つわりのピークを乗り切る方法 その⑦

わたしが実践したつわり対策の中から、
つわりのピークを乗り切る方法7選を、ひとつずつ、ご紹介しています。

最後の7つ目は、【整体院に行く】です。

妊娠前から定期的に通っている整体院がありまして、つわり中もお世話になりました。

 
正直にいうと、
整体を受けた直後に、つわりが治った!つわり症状が劇的によくなった!というわけではありません。

それでも、やっぱり行くと、身体が緩むのがわかるんです。

視界が少し明るくなるというんでしょうか。

 
吐き気は残っている。けれど、深呼吸ができる。とか。

気持ち悪くて、食事は摂れない。
けれど、寝ても覚めても身の置き所のない感じがなくなった。とか。

また、吐いた。
けれど、いつもより、身体を伸ばして、寝ることができる。とか。

 

それに、定期的に通うことで、ずいぶん気持ちも楽になりました。

 
この具合の悪さが、永遠に続くんじゃないかという恐怖。

安定期まで、あと2ヶ月もあるって思うだけで、目の前が暗くなる。

 
つわりの症状がツラい時にカレンダーを見て、
「あー、今週末、予約入れてた!あと3日、がんばろう」という風に、短いスパンで区切れるようになった。

これは、ものすごく大きかったです。

たぶん、ひとりで、家にこもっているだけでは、そうは思えなかった。

 

つわりが劇的に改善しなくても、
「これ以上は悪くならない」って思えたし、

具合が悪くなっても、
「必要以上に、つわりがながびくことはない」って、そんな風に思うことができました。

それが、心の支えになりました。

 

この経験は、特に、3人目の時にはっきりしたので、
つわり鍼灸をやろうと思う、大きなきっかけにもなりました。

 
ただ、ひとつ思うのは、
妊娠前から、月イチほどで定期的に通っていて、

妊娠が分かってからも、ほぼ同じペースで通っていて、
症状が強くなってからは、2週に1回というように、間隔を短くしたんです。

 
つわりの症状が悪化して、ピークの時に通いだすのだと、どうなんだろうな・・正直いって、わかりません。

もちろん、身体の変化は確実にあります。行く意味はあります。

 
それを、ご自身がどこまで体感できるのか?というところは、身体の状態にもよります。

が、小さな身体の変化に気付けるのも、敏感なつわり期だからこそ、だとも思っています。

 
いちばん良いのは、
ふだんから、自分の身体のメンテナンスをお任せできるような場所があるってこと、ですね!

手前みそな話になりましたが、本当にそう思ってます。

 

沖縄つわり鍼灸【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの