つわり対策

つわりに効く薬はあるのか?

つわり薬_沖縄つわり専門くるみ助産院
くるみん
くるみん
医療が発達して、いろんな薬がいっぱいあるんだから、つわりが治る薬がひとつくらいあってもいいよね。
たしかにそうだね。でもね、この時期は、おかあさんの体の中ですごく大事なことが起こっているから、薬は慎重に使わなきゃいけないんだ。

つわりと薬の関係

点滴をしたら、一瞬でつわりがよくなる!!
そんな薬があったらいいのに。。

つわりの時は、
毎日、本気でそう思っていました。

ですが、
残念ながら、つわりを治す薬はありません。

 
病院では、状況に応じて、
吐き気止めや胃酸を抑える薬をつかうことはあります。

また、便秘がつわり症状を悪化させることもあるので、便秘改善の薬を使う場合もあります。

病院や医師によっては、漢方薬などをあわせて処方するところもあるそうです。

 
とはいっても、
つわりの原因はそれだけではないので、つわり自体を治すわけではなく、対処療法の一種です。

 

あかちゃんの体がつくられる時期

つわりがあるこの時期は、
【催奇形性(さいきけいせい)】といい、あかちゃんの体の重要な臓器がつくられる時期です。

お腹のあかちゃんが、
おかあさんが摂取した薬剤やX線の影響を、いちばん受けやすい時期のことです。

 
昔、日本であった『サリドマイド事件』という出来事をご存知ですか?

障害保健福祉情報システムによると、
サリドマイド事件とは、

戦後の経済成長期であった1960年前後に、サリドマイドという医薬品の副作用により、世界で約1万人の胎児が被害を受けた薬害事件である。この薬には、妊娠初期に服用すると胎児の発達を阻害する副作用があった。被害児の多くは命を奪われ(死産等)、あるいは四肢、聴覚、内臓などに障害を負って生まれた。わが国では、世界で③番目に多い約千人(推定)が被害に遭い、生存した309人が認定されている。

です。

 
過去にそういった出来事もあり、
現在は、妊娠中に使用する薬剤は、安全性が確認されたものしか使用できないことになっています。

いずれにしても、
つわりのあるこの時期はとくに、薬などの摂取については細心の注意を払う必要があります。

 

[あかちゃんの体がつくられる大切な時期につわりがあること]
[つわりの原因がはっきりとはわかっていないこと]

この2つをあわせて考えると、つらいつわりにも意味があるのかなーという思いもしますね。

 

沖縄のつわり専門助産院【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの