つわり対策

つわりを楽にするセルフケア【骨盤】

つわりセルフケア骨盤_沖縄つわり専門くるみ助産院

今日は、骨盤周りをほぐすストレッチ。

ふと思いついた時に、ちょっとだけ意識してみてください。

エクササイズというほどのものではありません。

動けない時は無理にしなくていいです。

寝ながらできる、ゆる~いストレッチです。

 

つわりは、骨盤の動きが固い人がなりやすいといいます。

骨盤周りをしなやかにすることは、子宮=お腹の赤ちゃんへの氣の流れや血流をよくすることにもつながります。

 
横向けとうつぶせのちょうど中間くらいの姿勢(シムス位)になります。

クッションなどを使うと、お腹の大きくなった妊婦さんにとっても、楽チンな体位。

 
この姿勢で、上になったほうの坐骨を、ゆっくりと回します。

坐骨(ざこつ)とは、おしりにある大きな骨のこと。

椅子に座ったときに、椅子にあたる部分です。
 

わかりずらい時は、坐骨をさわって、坐骨で円を描くように、おしりを動かます。

イメージは、尻文字(おしりで文字を書くゲーム)の感じ。

坐骨の先端に、絵の具がついていて、おしりにあてた画用紙に円を描くつもり。

 
まずは、小さい円からスタート。

少しずつ、大きい円にしていきます。

次は、反対周り。

身体の向きをかえて、反対側のおしりも同じように動かします。

 

骨盤の固さやコリ具合によって、
スッといくところと、ひっかかりを感じるところがあります。

ひっかかりを感じるところは、ゆっくりていねいに、時間をかけて動かしましょう。

一度、動きをとめて、深呼吸。

すって、吐いた息が、坐骨と子宮に流れ込むイメージ。

 
動きが固いところでは、坐骨が奥にひっこんだりします。

おしりの平面に、画用紙をあてたイメージを忘れないように動かしてみてくださいね。

おしりの筋肉がストレッチされるように感じます。

時々、股関節あたりがコキコキと鳴ったりするかもしれません。

 

坐骨を動かす時、背中や腰や足が動いても大丈夫です。

気持ちいいと感じる方法でやってくださいね。

呼吸はとめないこと!!

「あー」とか「ふー」とか声をだしながらやるといいですよ。

 

骨盤をほぐすのは、
自分でやるのは、なかなかむずかしいところがあります。

もちろん、つわり整体でも骨盤のケアは行います。

 
自分でやる時は、
普段はあまり動かない股関節やおしりを意識して、細かい動きでほぐしていくのがいいと思います。

でも、けして、無理にはやらないこと。

骨盤は、あかちゃんと子宮を支えている大事な部分です。

気持ちいいという感覚を大切にしてくださいね。

 

沖縄のつわり専門助産院【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの