つわり対策

つわり症状を改善するという『幻のガム』が存在するってホント?!

つわりガム/助産院ある

ガムをかむと、つわりの症状が一時的によくなることがあります。

私も、吐き気やよだれつわりを紛らわせるために、よく食べていました。

それも、ブルーベリーや梅ガムとか、普段は食べないような濃い味のガム。

味がなくなると、すぐに気持ち悪くなるので、ものすごいハイペースで食べていました。

ミントやキシリトールを好む人もいます。

 
つわりをまぎらわせるアイテムとしては、
ガムだけなく、あめ玉(私はレモン味)、あと、小さめのおにぎり、カリカリ梅とか、小梅ちゃん、梅味のおしゃぶり昆布って人もいます。

 

つわりをまぎらわすためにガムを食べる人はけっこう多いので、

つわりの緩和に効果がある葉酸ビタミンが入ったガムで、はたして、つわりが改善するか?という検証データを読んだことがあります。(母性衛生,Vol.53,2012)

 
その検証では、妊婦さんに、2週間、葉酸入りガムを食べてもらったところ、吐き気、頭痛や眠気といったつわり症状が改善したと書かれていました。

 
わたしは、つわりで葉酸サプリが飲めなかったので、ガムだったらイケるかも!!と思い、アチコチ探したんですが、結局、見つからなかった。

商品化にはいたらなかったのでしょうか・・

まさに『幻のガム』残念です。

葉酸入りガムだけでなく、
ショウガパウダー入りのガムなんていうのも、いいかもしれませんね。

本当はすごい。つわり症状の緩和に、まさかのショウガ? 日本では、「つわりにショウガ」という感覚はあまりありませんが、海外ではけっこうメジャーらしい。 実際に、つわりの妊婦さんに...

 

個人的には、
つわりの時、ガムを食べるのは、かなりアリです。

よだれつわりが辛い時には、かなりの有効手段だと思います。

 

ですが、聞いた話では、
ガムの食べ過ぎを心配する方も、中にはいらっしゃるようです。

添加物については、
1日の摂取量は、粒ガムで約14粒程度だという説があります。

 
まぁ、目安のひとつにはなるかもしれないですが、

つわりは一時的なものだし、
ふだんの生活の中で、一切の添加物を口にしないというのも、むずかしいよね。

 

出来るだけ避けたり、
選べるなら、添加物が少ないものを選ぶことは大切だと思いますが、

でも、本当につわりが辛くて、ガムひとつで楽になるんだったら、今はそっちを優先してもいいんではないかと、私は思います。

 

つわりとマタニティ鍼灸・産前産後じゃないおっぱいセラピー【助産院 ある】/助産師の鍼灸師 下地あやの