よくあるご質問

【Q&A】〇〇の治療はしていますか?治せますか?

ありがたいことに、
お問い合わせなどもいただくようになりました。

 
その中で、

「今、○○(病名、症状など)で困っています。そちらで治療はしてますか?治せますか?」

というご質問をいただくことがあります。

 
つらい中、いろいろ調べて、
ここに、行き着いてくれたのかもしれません。

もしかしたら、
わらにもすがる気持ちで、ご連絡をくれたかもしれない。

だから、なるべく、
その気持ちにお答えしたいと思って、毎回、出来る限りのお返事をしています。

 
そこで、今日は、
「そちらで、〇〇は治せますか?」というご質問に共通しているお返事があるので、それを書いておこうと思います。

 

治療に関しては、
病院ではないので【治療】することはできません。

だから、
あえて【施術】という言葉をつかうようにしています。

 

施術=術を施す(じゅつをほどこす)

ほどこすという言い方も、
あまり好きではありませんが、わたしの細かいこだわりは、来てくださるお客様には関係ないことですね、笑。

 

そして、病名に関しては、
とくに、東洋医学の世界では、病名による判断はしないようにしています。

もちろん、参考にはしますので、
現在の病名や既往歴(これまでにかかった病気)、飲んでいるお薬などについて、きちんとお伺いします。

ただ、それによって、
施術の内容や身体の状態についての判断はしないということです。

 
鍼灸学校時代に、先生方によく言われました。

「病気を診るな、人を観ろ」

 
それが基本的な姿勢です。

わたしの施術では、
東洋医学的な視点からお身体を診て、気の滞りや歪み、バランスの崩れを探します。

そして、それらが、
お困りの症状につながっていると考え、そこから、全身の気の流れやバランスを調えることを目的に、施術を行っていきます。

ゴールは、身体が調うこと。

 
身体が調うことで、
本来、あなたの身体が持っている力が発揮される。

その結果、
お困りの症状が改善することもある、といった感じでしょうか。

 

お問い合わせの答えになっているのか??

それはわからないけど、
本来、持っているチカラが発揮されたら【いい方向】にしか進まない。

それだけは、確かなことです。

 

ちょっと、なにいってるか、わかんない

という富澤さんは、直接、
予約LINEにて、お気軽にご質問ください、笑。

 
沖縄つわり鍼灸【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの