プロフィール

自己紹介(2019年版)

はじめまして。
助産師の鍼灸師 下地あやの です。

沖縄で生まれ育ち、
大学卒業後、千葉・東京で、合わせて10年ほど、暮らしていました。

いまは、地元の沖縄で、
3人の男の子の子育てをしています。

 

つわりを楽にし、
安産と、女性が幸せな身体になるお手伝いをするために、2019年に開業しました。

 

ごあいさつの続きは、
どうぞ、こちらの音声をお聴きください(約3分)



(追記:開業当初の屋号は、くるみ助産院おきなわでした)

 

助産師として、
大学病院の産婦人科、NICU病棟で働いたのちに、鍼灸師を志しました。

"妊婦さんが安心して妊娠期をすごし、元気で出産し、笑顔で子育てをすること"

そのために必要なことはなにか?
わたしにできることはなんだろう??

そのことを考えてきました。

 
その中で選んだ道が、鍼灸師になることでした。

 
鍼灸師になり、
わたし自身、妊娠・出産、子育てと、
そして、3度にわたるつわりを経験して、改めて気づいたことがあります。

それは、
東洋医学から学べることは、単なるの知識や技術ではなく、
『生きるための智慧そのものだ』ということ。

 
"安心して妊娠期すごし、元気に出産し、笑顔で子育てする"ためにできることはなにか?

その想いは、今も少しも、変わっていません。

 
助産師から鍼灸師になって、
その次に、わたしが選んだ道が、この助産院の開業です。

 
すべての女性にとって、
つわりを楽にし、安産と幸せな身体になるために、わたしができること。

精いっぱい、
お手伝いさせていただきたいと思います。

 

必要なものが、必要な分だけ、
必要としているあなたのもとへ届きますように。

 

助産師の鍼灸師 下地あやの

 

ごあいさつの音声は、▶︎をクリック↓

 

最新版(2020年度)のごあいさつとプロフィールはこちら

ごあいさつとプロフィールはじめまして!助産師の鍼灸師 下地あやのです。くるみ助産院を立ち上げるにあたり、こんな想いを抱えてきました。それは...