幸せなカラダ

べつに大事にしてなくてもいいよ。

「困ったことを解決したい」
「これまでの自分を変えたい」
「新しい事をはじめたい」

なにかを思い立って、
専門家のチカラをかりようと思った時、

もしかしたら、その分野の専門家に、
できてない自分、イケてない自分が、

ダメ出しされるんじゃないか?
怒られるんじゃないか?

って、心配になることないですか?

 
わたしは、少なからず、あります。笑

そんな心配する意味がわからないという人もいるかもしれないけど、

なぜかしら、そう思っちゃって、
二の足をふんでしまうことってあるんだよね。

 

でも、逆の立場にたって、
よくよく考えてみたら、そんなこと、まったくないんだよね。

逆の立場というのは、
わたしの場合は、身体の専門家ですが、

あなたは気のめぐりが悪い!とか、
身体が冷えてる!とか、
そんなんで、ダメ出しなんかしないです、笑。

こんな風に思ってます。

 

自分の身体、
べつに、大事にしてなくてもいいよ

身体のどっかが
冷えてたっていいんだよ

 
骨盤がゆがんでたり
呼吸が浅くたってかまわない

軸がブレブレでも
しょうがないじゃないか!

 

一生懸命、やってる証拠

精一杯、生きてたら、
そんな時は、しょっちゅうある

 

そりゃ、わたしはプロだから、
「身体を大切に」とは言うけれど、

だれだって、
健康のためだけに、生きてるわけじゃない

 
暴飲暴食、寝不足や不摂生
セルフケアをしてなくたって、

最終的には、
あなたの心臓が動いていれば、

それですべて、オッケーなのですから。

 

だから、
「あぁ、私は全然、自分の身体を大事にしてないなぁ」とか、
「身体が冷えててダメだわ」なんて、
気負う必要は、まったくないのです。

 
わたしも、
「あなたは全然、自分の身体を大切にしてないですね」とか、
「身体が冷えててダメですね」などと、思ったりしません。

 

もっと、気楽でいいよ。

気のめぐりが悪いからって、
怒られることなんてないのだから。

つわりがひどいのだって、
あなたのせいではないのだから。

 

だって、あなたの身体は、
今日も精一杯、生きている

その事実を、
いっしょに愉しみましょう♪

 

つわりとマタニティ鍼灸・産前産後じゃないおっぱいセラピー【助産院 ある】/助産師の鍼灸師 下地あやの