つわり対策

つわりを楽にするセルフケア【ホッとアイマスク】

つわりセルフケア眼_沖縄つわり専門くるみ助産院

【目の疲れを取る】

目の疲れは、頭の骨をギュッと固くします。

頭の骨がギュッとなると、首から肩にかけて、そして、背中の肩甲骨が緊張します。

 
全身の骨格はつながっています。

頭の骨(側頭骨)や肩甲骨の動きが悪くなると、その骨と連動している骨盤も動きも悪くなってしまいます。

つわりの一因に、骨盤の動きの悪さがあげられるので、注意してほしいところ。

 
そこで、つわりセルフケアとして、蒸しタオルを使った目の温湿布をおススメします。

ぬるくなったら、交換をくりかえし、約8分間。

目の奥がじわーとゆるんでくるのを感じてください。

 

ついでに、耳と首の後ろにも温タオルをあてると、さらに気持ちいいです。

目の周りの緊張が緩むと、次第に気が巡るようになります。

あなたの身体が気持ちがいいと思う感覚が、身体そのものを調えてくれます。

 

温タオル作るのがめんどくさいからといって、使い捨てカイロやホットパックはやめましょう。

蒸しタオルのスチーム(水分)がポイントなんです。

日頃からスマホをよく見ている人には、ぜったいにおススメ!!!

タオルに一滴、お気に入りのアロマを垂らすのも、さらによき♪

 

つわりがしんどくなってからだと、
蒸しタオルを作るのもたいへんだったり、蒸しタオルの湯気や匂いが気になってしまうことも・・

つわりがひどくなる前のまだ余裕があるうちに、心がけてください。

 
とくに、つわりの気持ち悪さと戦いながらお仕事をされる方。

お仕事をしているとどうしても、身体のエネルギーは、頭や目の周りに集中してしまいます。

つわりのあるこの時期、
身体のエネルギーは、子宮や骨盤に集中させるのが、本来のリズム。

だから、出来る時に、意識してセルフケアをすることが大切になってくると思います。

 

自分でやるのがたいへんという方は、人にお願いするのもアリです。

家族に蒸しタオルを作ってもらったり、
もちろん、つわり整体を受けにくるのもよき。笑

つわり整体では、蒸しタオルは使いませんが、
痛みのないやさしいタッチ(整体セラピー)で、頭や目の周りの緊張をほぐし、エネルギーの流れを調えます。

 

蒸しタオルでのアイマスク、
だれでも簡単にできますので、ぜひ、ご自宅で取り入れてみてください。

 

沖縄のつわり専門助産院【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの