お店のこと

くるみ灸って、どんなお灸??

くるみ灸_沖縄つわり鍼灸くるみ助産院

くるみ灸とは、
特別なくるみの殻を使って、目にお灸をする方法です。

目にお灸をするといっても、
直接、火があたるわけではなく、くるみの殻が守ってくれるので、まったく熱くありません。

 
くるみ灸は、
眼精疲労を緩和するためのお灸です。

要は、目のエネルギー補給ですね。

貴女の眼は、きっと思っている以上に疲れている。 体調が悪くなる大きな原因のひとつは、 【ストレス】だと思うんですが、 特に、身体の中で、 ストレスがかかりやすい場所の...

 

特別なくるみの殻というのは、
『菊花』という漢方薬を煎じ、くるみの殻を漬け込みます。(トップの画像がその様子)

その後、天日干しで乾かしたくるみの殻を使います。

菊花のエキスが十分にしみ込んだくるみの殻を、
まぶたに乗せ、くるみの殻に少量のもぐさを置き、火をつけて、お灸をします。

 
目の上に火をつけると思うと、ちょっとドキドキ。

ですが、何度も言うように、
拍子抜けするほど、熱くありません(なんなら、物足りないくらい)

5分ほど、仰向けで寝た状態で、
大きく動かなければ、お灸が落ちることもないので、安全です。

 

菊花は、目のトラブルに効果的な漢方薬。

くるみの殻は、
目と関連のある【肝】のエネルギーを補う作用があります。

そのふたつのエネルギーを、
お灸によって、ダイレクトに、目に取り入れることができます。

 

くるみ灸をすると、どうなるのか??

ものすごく、目がスッキリします!!

不思議な感じ♪

 

モニターの皆さまのご感想としては・・

気持ちがいい
目に力が入る
目が動かしやすい
視界が広くなる、明るくなる
目が軽くなる
頭がスッキリする、などなど・・

 
視界が明るいというご感想が、いちばん多いですね。

中には、
「なんだか涼しい。目がスーッとする」とおっしゃる方もいました。

お灸なので、温かいはずなのに・・

きっと、目に溜まった疲れやストレスが抜けていく感覚かもしれないですね。

 

わたしもためしてみましたが、
目の上に乗っかるくるみの殻の重さがちょうどよくて、気持ちがいい♪

火加減については、
ほんのすこし、あたたかいかなというくらい(正直、お灸という割には、物足りない)

温かさだけでいうなら、
蒸しタオルのほうが"ほわぁ~"とします。

 
ですが、
目のスッキリ感・持続感は、くるみ灸のほうが、ダンゼン、上!!

蒸しタオルは、
タオルが温かいうちはいいけれど、すぐに戻る感じ。

一方、くるみ灸は、
しばらくしてから「あれ?!なんか、世界が見えやすい!!」となって、ビックリしました。

 
自分で試した時は、
旦那さんに協力してもらったのですが、

それ以来、長時間、
パソコン作業をした時なんかは「あ~~、くるみ灸やりたいなー」と思うように・・

安全とは言え、
さすがに一人でやるには、限界がある、苦笑。(誰かにやってほしい)

 

前に、鉄腕DASHで、
TOKIOのリーダーが、くるみ灸をやってた様子。

カスミ目に悩む城島さんが、
「本当のDASH島の景色って、こんなキレイな色だったの?!」というコメントが残ってました、笑。

 
きっと、目のクマとかよくなるし、白目の色もキレイになると思う~♪

もしかしたら、視力もよくなるんじゃないか?!

 

おそらく、沖縄県内で、
定期の施術で【くるみ灸】を受けることが出来るのは、うちだけじゃないかしら??

(ちがってたらすいません)

おすすめのくるみ灸。

眼精疲労のある方も、
その自覚がない方も、ぜひ、受けてみてほしいです。

 
くるみ灸のご予約は、LINEで承っています。

全身調整の中に含めていますので、
ご希望の方は、ひとこと「くるみ灸もお願いします」とお申し添えください。

その際は、
コンタクト、まつエク、マスカラ(ツケマも)は外して、お越しくださいね。

 

沖縄つわり鍼灸【くるみ助産院】/助産師の鍼灸師 下地あやの