子どもの健康

子どもにお灸、やってもいいですか?

ね〜、あれ(お灸)やってー

学校のクーラー
めっちゃさむいんだよ
直撃なんだよ

あと3ページで
1学期の算数おわるよ

もういい、おわり〜(早い)

あとマッサージもしてー

 

うちで、マッサージっていうと、
モミモミしたり、ギューギュー押すようなものじゃなくて、手当て・深いタッチのこと。

子どもは正直だ
カラダの"心地良い"を知っている

 
お灸も、
やって!という時と、いいっていう時もあるし、

小さいの!とか、コロコロするやつとか、
足にやってほしいとか、お腹がいいっていう時もある。

 

「子どもにもお灸やってもいいですか?」

こたえは、基本イエス。

やけどなどの危険があるので、
「動かないで、触らないで」が通じる年齢であれば〇

だから、2~3才からでも大丈夫。

 
ちょっとだけ、コツがある。

子どもは、気が動きやすい。

だから、大人の半分以下の時間で終わること。
本人が「おわり、もういい」って言ったらすぐ終わること。

 
本人がイヤって言ったら、やらない。

でも、きっとお母さんがやることには興味はある。

だから、ちょっと手伝ってもらう。

触ってもらう。

火が消えて熱くないものをくっつけてみる。

だんだん、
やってみてもいいよになってきて、
お灸をみたら、やってーと言って来たりする。

 

お灸で親子のコミュニケーション、アリって思うんだよね。

親ばなれも反抗期もまだだけど、
こんなコミュニケーションもある!って知ったら、なんか、大丈夫って気がしている。

それは、理屈や感情を超えて、カラダが知っていることだから。