おっぱいセラピー

おっぱいに癒しを。40才からのおっぱいセラピー

あなたのおっぱいは、だれのもの?

さて、あなたが、
自分のおっぱいについて考えたのは、いつの事でしょう?

ちょっと思い出してみよう。

大昔、水着を買った時?
20代、勝負下着を買った時?
初めての授乳で、てんやわんやしてた時

 
では、ここ最近は?
と聞かれたら・・

結婚して、出産して、授乳が終わり、
気が付いたら、ほったらかし。なんて事はありませんか?

大きくもないし、形がキレイとか、
いまさら、ほかの誰かにみせるわけでもない・・

なんとなく恥ずかしいから、
そっち系の話は苦手。

おっぱいだなんて、
気にするキャラじゃない。

いやいや、
もう、そんな歳じゃないですよ、云々

 

心のどこかで、
そう思ってしまっているあなたへ。

そして、無意識だったわたしへ。

 

おっぱいセラピーは、年齢や大きさの話ではありません。

ここでのおっぱいの話は、
女性らしいボディラインとか、授乳のためとか、それは二の次、三の次。

いや、十の次くらいの話。

 
【40才からのおっぱいセラピー】は、あなた自身のお話です。

たしかに、
いわゆる、おっぱいは女性の象徴です。

だけど、あなたのハート、
そのものでもあるのです。

やわらかくて、やさしくて、
他のだれかを包み込む、あなた自身の象徴です。

だから、大きさや形、年齢などの問題ではないのです。

 

では、そのおっぱいがほったらかしで、
コリ固まっているとしたら、どうなると思いますか?

結論から言うと、
あなた自身が、そうなっているのと、まったく同じ事なんです。

 

すべての女性に、おっぱいの癒しを

ここで、もう一度、
冒頭の質問に戻りましょう。

自分のおっぱいについて考えたのは、
さて、いつの事だったかな??

 
感のいい人は、
うすうす、お気づきかもしれません。

実は、女性のほとんどが、
おっぱいのコリを自覚すらしていないのです。

おっぱいが凝るのは、
胸が大きい人だけだと思いこんでいる。

ちょっと前の私が、そうだった。

だけど、それはちがうんだ。
どれだけ、無意識だったんだという事に、ある時、気がつきました。

 

これまで、助産師として、
延べ、1000人以上のおっぱいを触ってきました。

ただし、それは、
母乳育児のためのおっぱいケアです。

 
ところが、
女性の身体にふれるお仕事を始めて、
おっぱいのケアを必要としているのは、
必ずしも、妊産婦さんだけじゃないと、気が付いたんです。

 
私が出した答え、それが・・

おっぱいの癒しは、
すべての女性に必要なもの!!

 

おっぱいのコリから始まる、恐ろしい悪循環

なぜかって??

たとえば、ストレスを感じた時、

・胸が痛い
・胸がつまる
・胸がいっぱいになる

というような表現をしますよね。

東洋医学では、それらは、
ただの表現上の言い回しではなく、身体の反応として、実際に現れるものなんです。

 
つまり、ストレスによって、
バストの氣のめぐりが悪くなるということ。

目にはみえない、氣のめぐりの悪さが、

積もり積もって、だんだんと、
おっぱいのコリに変わり、

首・肩のコリ、頭痛といった
上半身の不調を引き起こし、

ホルモンバランスの不安定さ、
さらには、メンタルの不調へとつながっていく。

 
おっぱいが、もし、
あなたのハートそのもだとしたら、

ふとした出来事で感じたはずの、
自分の気持ちを心の奥に押しこめて、
自分自身を押し殺し、

いつの間にか、
そのことを忘れて、

日常の忙しさに、
息する事も忘れがちで、

「本当の私って?」
「自分らしさって?」

なんとなく、心のどこかで、
生きづらさを感じてしまっている。

 
その違和感が、
一体、どこから来ているのか、
本人すら、気付けない恐ろしさ。

想像できますか?

 
その悪循環を解消するのが、
【40才からのおっぱいセラピー】なのです。

 

おっぱいセラピーの方法

おっぱいセラピーの方法は、
『リ・ソースタッチ』と呼ばれる整体的セラピーで、バストにゆっくりと手をあてていきます。

ただ、それだけです。

しかも、服の上から行います。
(助産師ですし、慣れていますからご安心を♪)

 
もしかしたら、
病院でのおっぱいマッサージの痛い記憶が残っている方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、おっぱいセラピーは、
そういうマッサージとは、まったく別モノです。

 
例えば、リンパマッサージのように、
グイグイ押したりもんだりは、一切、行いません。

とにかく、ただ、ていねいに、
ひたらすらていねいに、じっくり手をあてていく。

 
ただ、それだけ。

なのですが、そうすることで、
滞っていた氣が動きだし、
本人さえ気付かなかった、胸の奥のシコリのようなものが、自然とほぐれていくのです。

 
私は、それを

奥深い手あてによって、
自分自身のソース(源)に還る(Re:)

【リ・ソースタッチ】と呼んでいます。

 

おっぱいセラピーの効果

そうやって、おっぱいのコリが取れると、どうなるのか・・?

おっぱいセラピーの効果を
具体的にあげると、

・首、肩、背中のコリが改善する
・腕、肩、肩甲骨が軽くなる
・二の腕の痛み、腱鞘炎の改善
・頭痛が良くなる
・呼吸が深くなる
・バストアップする
・おっぱいにハリがでる
・顔色がワントーンあがる
・表情があかるくなる
・おなか周りが引き締まる
(くびれができる)
・胃腸の調子がよくなる
・ホルモンバランスが安定する
・気分が上がる⤴⤴
・メンタルが安定する

などなど、本当にたくさんあります。

 
例えばですが、
肩の可動域に関しては、1回の施術で、こんなにはっきりと違いがわかります。

 
おっぱいセラピーの基礎をおしえてくれた先生によると、

お客さんの中には、
乳ガンの手術後にある、傷のツッパリ感や腕の重だるさがなくなったり、

乳がんの定期検診で指摘されていたごくごく小さなしこりが、
次の検診では見えなくなっていた。

という報告もあったそうです。

 

おっぱいセラピーの神髄

おっぱいセラピーを受けると、
ほんとうの意味で、カラダがリラックスを感じます。

不思議なことに、
ココロまでも、次第に軽くなっていきます。

その理由は、
先ほどから申し上げている通り、
おっぱいは、あなたのハートそのものだから。

要するに、おっぱいセラピーの神髄は、
あなたの女性としての、根本的なマインドやメンタルが変わることにあるのです。

 
私のお客様では、

「自分自身をもっと大切にしようと思えました」

「生理の時の、気分の落ち込みがなくなりました!気付いたら、生理来たなってぐらい。」

「自分というものを知り、愛おしいとさえ思えるようになりました」

「初めて、素直に、自分は頑張ってたんだって認められました。びっくりするくらい自然にすんなりと。そのことが1番嬉しかったです」

そういうご感想を、たくさんいただいています。

 

おっぱいのコリとなるストレスは、日々の生活の中で、少しずつ、蓄積されていくものです。

身体の疲れだって、同じこと。

それは、30代・40代・50代と年齢を増すごとに、あなたも感じる事実ではないでしょうか?

だから、
一回のセラピーで満足するのではなく、

定期的に、メンテナンスし続けることが大切だという事も、あわせてお伝えしています。

 

さいごに

べつに、おっぱいなんて・・
べつに、わたしなんて・・

いつまで、思春期やってるんですか。笑

堂々と【胸】をはって、
ほんとうのあなたで、生きていきましょうよ❤︎

大丈夫。

たまには、脳ミソを空っぽにして、
身体をゆるゆるにしたら、ちゃんと、目を覚まします

それが、胸のうちに流れる、
あなたの本当のエネルギー

 

最後まで、お読みいただき、
ありがとうございます。

おっぱいセラピーのご予約は、
LINEが便利です。

 

施術コース|料金一覧 カラダメンテナンスサロンaruでは、 【30〜50代からのおっぱいセラピー】を中心に、鍼やお灸を使い、氣のめぐりやホルモンバラ...