マイストーリー

第36回:"運動できない芸人"を観ても笑えないトラウマ

人生の棚卸しって、たとえば、こんなこと。

第35回:さぁ、人生の棚卸しをはじめよう どうしよう・・子育てのイライラがとまらない https://karada-kulumi.com/mystory/034/ ...

***

20代で、
人の身体にかかわる仕事を選びましたが、

正直いって、
子どもを産むまでは、まったく、自分の身体に自信がありませんでした。

プロポーションがどうこうとかいう意味ではなく、
自分の身体を【信用していない】という言い方が正しいかもしれない。

 

大きな病気やケガはしたことがなく、
病院のお世話になったこともほとんどない。

だけど、小学生の頃から、
なわとびもとび箱も逆上がりもまったくできなくて、体育はいつも2か3

ちなみに、
自転車に乗れるようになったのは二十歳を過ぎてからです。

 
足も遅いし、体力もないし、センスもない。

バレーやバスケといったスポーツは、もはやトラウマ。

出来ない、嫌い、ではなく、怖い

だから、アメトーークの運動できない芸人とかは、もうわかりすぎて、まったく笑えないのね。。苦笑;

 
・身体を動かす
・運動
・筋トレ
・スポーツ

そんなワードが大嫌いだった。

 
耳にするだけで、
「自分、運動苦手なんでー」と完全にシャットアウトしてました。

 

仕事で県外に出て、
身体がこんなにも冷えているって実感したし、

夜勤もあって、ずっと不規則な生活だったし、

とくに、鍼灸学校に入る直前は、
カラダも気持ちも疲れきっていた。

 
妊娠がわかってからは、
お産は体力勝負ってきいていたから、自分にちゃんと産めるんだろうかとずっと心配だった。

そういう気持ちがあったから、
運動する以外に、なにか身体に良い事をしたくて、安産のお灸を続けた。

 

で、実際に、
その時がきたら、ちゃんと産めた。

満足できる安産だった。

産後も元気にすごせて、母乳で育てることもできた。

 

勉強はよくできたけど、
それまでは、身体に関することで「できた」と思えたことが一個もなかった。

だから、うれしかった。

やっと、自分の身体に向き合う自信ができた。

 

妊娠・出産は、
女性の一生にとって、命をかけた、大きなライフイベントです。

妊娠・出産をきっかけに身体を見直す女性は多い。

それは、本当にすばらしいことだと思う。

 
わたしは、自分の身体で体感することができました。

だから、こうして、
女性のカラダや健康に関わる仕事に誇りをもっているし、妊娠出産をそうきっかけにしてほしいと思っています。

 

・・・そして、ここまでの話は、前フリです。

うそではないし、今も本当にそう思っていますが、よくある話。

さらに、ここから一歩踏み込んで、
カラダについてのある本質に気付いたことがあるんです。

第37話:どんなことも結局、カラダがなくちゃ始まらない 運動オンチですいません。 https://karada-kulumi.com/mystory/036/ *** ...

 

くるみ助産院の
マイストーリーズ


これまでの道のり、世界観や人生観を、
第1話~第〇〇話までのマイストーリー形式で綴っています。

読めば、助産師の鍼灸師 下地あやの のことがもっとよくわかります。

  • 助産師になったきっかけ
  • 病院時代の忘れられないエピソード
  • 鍼灸師になったのは恋におちたから
  • 三度にわたる壮絶なつわり体験記
  • くるみ助産院をひらくまで,など

クリックして
はじめから読む ≫≫