マイストーリー

第27話:安産のお灸はホントに効くのか?実際に検証してみた(1人目出産レポ①)

なぜ、ゴーヤーチャンプルーなのか?最後まで読めばわかります

助産師のわたしが、
妊娠中、安産のためにやったことは、たった2つ。

第26話:つわりが終わって、安産のためにやったこと つわり中はココロもカラダもズタボロ。 https://karada-kulumi.com/mystory/025/ ...

***

1人目の妊娠中、
安産のために毎日やっていたお灸。

はたして、本当に効果があったのか?

お産当日の様子をふりかえりながら、検証してみたいと思います。

 

妊娠中にお灸をしてる時は、
実際に効いているのかどうか、正直よくわかりませんでした。

ただ、実感はなかったけど、
出産まで大きなトラブルもなく、過ごせたことは効果のひとつじゃないかなと思っています。

 

出産当日の話にもどります。

その日は、夜中からちょっとだけ様子がちがいました。

 
深夜、ふと目が覚めたら、急なめまいと吐き気。

トイレに行こうと思ったが起き上がれず、
となりで寝ていた旦那さんに声をかけて「気持ち悪いから、冷たい水を持ってきてほしい」と頼みました。

ところが、
旦那さんは「うん、うん、ちょっと待って」と言ったきり、ぜんぜん起きてくれませんでした。

もう一度、声をかける気力もなく、
じっと吐き気が収まるのを待つうちに、いつのまにか寝てしまいました。

 

朝7時前、お腹の張りで、目が覚めました。

夜中にあっためまいと吐き気はおさまっていました。

なんとなく、起き上がる気になれず、
しばらく、布団の中で、ボーッとしていました。

 
いつもなら、横になっていれば、
だんだん気にならなくなるはずのお腹の張りが、その時は、1時間も布団にいるのに、あまり変わらない感じでした。

ためしに、時間をはかってみると、10分〜13分毎。

規則的ではなく、痛みも強くないものの、定期的に張りが来る状態。

とりあえず、お風呂に入ることにしました。

 
9時を過ぎても、10分毎にお腹が張るので、
病院に電話すると、「確認のため一度、受診してください」と言われました。

 

病院の診察では、子宮口3〜5cm。

先生から
「うーん・・まだ全然、余裕あるでしょ。まだ、産む顔じゃないね。夜中か、明日かなぁ。モニターとって、赤ちゃんが元気なら一旦帰ろう」と、言われました。

 
今まで、
入院時の産婦さんはたくさんみてきましたが、自分が陣痛を体験するのは初めて。

診察結果に、「そっか、そっか。やっぱり、そうだよなー」と納得して、帰ろうと思いました。

 

ところが、モニターをつけている時、
ベテランの助産師さんがやって来て、モニターの波形とわたしの顔を見比べて、不思議そうにと聞いてきました。

「下地さん、ぜんぜん痛くないの?」
「痛くないってことはないですけど、それほどじゃないです」

助産師さんはちょっとだけ考えて、
「けっこう、いい張りが来てるんだよねぇ。ちょうどお昼時間だし、すぐに帰らないで、この辺でゴハンでも食べておいで♪」と、笑顔で送り出してくれました。

 

そういうことならと、
病院の近所の食堂で、ちょっと遅めのランチをとることにしました。

その時、食べたゴーヤーチャンプルー、おいしいかったなぁ、笑。

 
ゆっくり食事を済ませ、お会計しようと思ったら・・
突然、これまでとはまったく違う種類の痛みが襲ってきました。

「コレだ!きた!!」

さっきまでのお腹の張りは半信半疑でしたが、今度は、さすがにわかりました。

 

旦那さんもすぐに、
わたしの異変に気付いたようで、あわてて、病院に戻ることに。

でも、ある理由があって、すぐに病院には行かなかったんです。

思いのほか、長くなったんで、つづく。。

第28話:初めての出産は●●だった(1人目出産レポ②) 1人目出産レポ①↓↓ あの時、食べたゴーヤーチャンプルーの味は忘れられません。 https://karada-kul...

 

くるみ助産院の
マイストーリーズ


これまでの道のり、世界観や人生観を、
第1話~第〇〇話までのマイストーリー形式で綴っています。

読めば、助産師の鍼灸師 下地あやの のことがもっとよくわかります。

  • 助産師になったきっかけ
  • 病院時代の忘れられないエピソード
  • 鍼灸師になったのは恋におちたから
  • 三度にわたる壮絶なつわり体験記
  • くるみ助産院をひらくまで,など

クリックして
はじめから読む ≫≫