マイストーリー

第8話:生まれたあかちゃんはダウン症

病院勤務時代の忘れられないエピソードをご紹介しています。

前回の話:
双子を経膣分娩したAさんから、
自分で産む力の姿に気づかされました。

第7話:経腟分娩で双子のお産 前回の話: はじめての就職先は、 ハイリスク出産の多い、県外の大学病院でした。 https://karada-kulu...

 
***

わたしが就職して間もない頃、
受け持ちになったSさんは、逆子のため、予定の帝王切開で入院となりました。

これまでの妊娠経過は順調。

入院してきたSさんは、
やわらかいスッとした笑顔で、初産婦さんでしたが、落ち着いた雰囲気が印象的な方でした。

 
ここだけの話ですが、
新人助産師が担当になる患者さんは、たいてい経過が順調で、とくに大きな問題のない人が割り当てられます。

当然、Sさんもそのはずでした。

 
帝王切開は予定通り無事に終わり、Sさんは男の子を出産されました。

生まれたあかちゃんも元気で、
通常通り、出生直後の処置を終え、手術室でSさんと少しだけ、顔を合わせた後、一足先にベビー室に引き渡されました。

 

手術が無事終わり、Sさんを病室に送りとどけ、バイタルが安定しているを確認してから、
Sさんとご主人に赤ちゃんを抱っこしてもらおうと思い、ベビー室にいる赤ちゃんの様子を見にいきました。

すると、コット(あかちゃんを寝かせる箱みたいなベッド)の前で、先生とベビー室担当の先輩助産師が、神妙な面持ちで、あかちゃんを診ていました。

 
ふだんはあまりない光景だったので、
「どうかしたんですか?」と声をかけると、先生がひとこと、「もしかしたら、この子、ダウンちゃんかもしれない」と言いました。

先輩には「小児科の先生にみてもらって、先にご主人に説明するから、おかあさんとの面会はちょっと待っててね」と言われました。

 

ダウン症の知識はある程度ありましたが、
それをおかあさんやご家族にどう伝えるのがいいのか、その事をお母さんやご家族がどんな風に受け入れるのか、まったく想像がつきませんでした。

また、ダウン症の場合、
心臓の奇形や合併症があったり、呼吸の状態や哺乳力が弱いことが多く、場合によっては、あかちゃんだけ別の病院に転院する可能性もありました。

正直、どうしていいかわからず、内心オロオロしておりました。

 

小児科医の診察が終わり、
まずは、ご主人に対して、ダウン症の可能性が高いこと、くわしい検査を行う必要があることなどの説明がされました。

そして、Sさんへは、ご主人から話をすることになりました。

 
幸い、あかちゃんの状態は良好で、
心配していた合併症の症状もみられませんでした。

そこで、主治医の許可をもらい、
先に、おかあさんとあかちゃんの面会を行うことにしました。

 
手術の直後で動けないSさんのとなりに、
あかちゃんを寝かせ、しばらく同じベッドにいてもらいました。

Sさんは、安心したうれしそうな表情で、あかちゃんの寝顔をみていました。

その後、ご主人からSさんに、
ダウン症の可能性があることが伝えられました。

 

ご主人からどんな風に話を聴いたのか、その時はわかりませんでしたが、
Sさんは、それほど大きくショックをうけるでもなく、必要以上に不安がる様子もなく、淡々とおだやかに、あかちゃんとの時間をすごしているようにみえました。

Sさんの術後の回復は順調だったので、
すぐに歩いて、授乳室に通えるようにもなり、

また、あかちゃんは元気で、
おっぱいを吸う力もしっかりしていたので、他の病院に転院する必要はないと判断されました。

Sさんはおっぱいの出も良くて、
あかちゃんにダウン症の疑いがあること以外は、順調な産後を過ごされていました。

 

そんな中、出産から数日たってから、
Sさんの病室を訪ねて、お話を聴くことにしました。

Sさんの話によると、
ご主人は、手術室からベビー室に向かうあかちゃんの顔をみて、なんとなく予想はしていたのだそうです。

ご主人はお仕事ガラ、人の顔や表情をよく見ることが多かったので、それで気づいたのだそうです。

 
肝心の赤ちゃんの事について、Sさんは、

「手術が終わって病室に戻ったら、すぐに会えると思っていたのに、なかなか来ないから、何かあったのかなと心配してました。だから、連れてきてくれた時は、すごく安心しました。

ダウン症のことを聞いて、ショックというより、びっくりかな。でも、あかちゃんの顔をみて、元気なのはわかったし、なんとなく大丈夫だろうって気がしてます。いまは、おっぱいもよく飲んでくれてるからかな。

これから先、どうなるか不安はありますけど、とりあえず今は、元気でいてくれてるから。」

と、自然な笑顔で話をしてくれました。

 

その後も問題なく、
Sさんはあかちゃんと一緒に、病院を退院しました。

一ヶ月検診の時には、
「名前は、コウ(仮名)にしました」といって、元気な姿をみせてくれました。

そして、21トリソミーと書かれた染色体検査の結果を受け取って、帰っていきました。

 

それからしばらくした後、
帝王切開の日にベビー室担当だった先輩の勧めもあって、その先輩とふたりで、Sさんのご自宅に、家庭訪問に行きました。(病院の許可を得て)

 
Sさんのお宅は、郊外にあるオシャレな一軒家でした。

ちょうどコウ君は、おっぱいを飲んで、スヤスヤと眠っていました。

 
コウ君については、
Sさんから、おっぱいの飲みも体重の増えもよく、心臓専門の病院で検査したところ、大きな合併症もなかったという話を聞きました。

 
それから、Sさんは、

「妊娠中に、年齢的なこともあったから、出生前検査のことも考えたけど、どっちにしろ、コウを産むことには変わりなかったし、先に知ったからといって、心配ばかりがふえていたかもしれないと思うと、これでよかったと思ってます」

と、入院中から変わらないおだやかな表情で、話してくれました。

 
その年のお正月には、
旦那さんが撮ったという、Sさんの肩ごしに、抱っこされ笑顔で空に向かって大きく手を伸ばすコウ君の写真が入った、ポスターにしたいくらいステキな年賀状をもらいました。

 

わたしはけっきょく最後まで、これといった事は何もできず、
おだやかに淡々と起こった出来事を受け入れていくSさんのことを、ただ側でみているだけでした。

この話に、オチや答えはありません。

ストーリーとして読むには、物足りないかもしれない。

でも、人生って案外そんなもの。

命って、日常にあるそのものだから。

 

わたしは、Sさんを通して、
生まれてくる命のこと、先天的な病気をもつこと、出生前診断のこと、生命の選択のこと、その家族のこと・・いろいろなことを考えさせられました。

そして、医療者として、
それを考える続けることが、唯一のこたえなのかもしれないと、思ったりしています。

 

Sさんは、逆子のために予定の帝王切開をしましたが、
同じ帝王切開というと、ハイリスク妊婦だったHさんのことを思い出します。

就職したての頃と比べると、ちょっとは成長したかなーと思ったります。

第9話:帝王切開とバースプランと母乳育児 前回の話: 生まれた後に、あかちゃんがダウン症であることを知ったSさんを通して。 命はそこにある日常。 https...