マイストーリー

第7話:経腟分娩で双子のお産

はじめての就職先は、
沖縄からでて、県外の大学病院に勤めました。

なぜ、そこにしたかというと・・

第6話:はじめての就職先は・・ 学生の時、 実習先で出会ったあの光景が、おそらくわたしの原点です。 https://karada-kulumi.com/...

 

双子のお産は帝王切開がアタリマエ??

双子のお産は、
6〜7割が帝王切開といわれています。

それは、あかちゃんの体の向きや体重などのリスクを考えて、出産方法を選ぶためです。

もちろん、条件がそろえば、双子での経腟分娩は可能です。

ですが、それなりの準備が必要です。

 

わたしが受け持ちをした妊婦さん。
仮に、Aさんとします。

彼女は初産婦さんで、
自然妊娠で双子を授かりました。

妊娠経過は順調で、
お腹のあかちゃんがふたりとも逆子ではなかったため、ご本人の希望もあり、経腟分娩をトライすることになりました。

 
“トライ”というのは、
言葉の通り、挑戦してみるということ。

双子の経腟分娩の場合、
やはり、それなりにリスクがあるからです。

途中で陣痛が弱くなったり、
時間がかかることであかちゃんが苦しくなったり、
1人目が生まれた後、2人目の赤ちゃんにトラブルが起こりやすかったり、
出産後、お母さんの子宮からの出血が止まりにくかったり・・など

ですから、万が一のことを考えつつ、出産にのぞみました。

 

ダブルセットアップでのお産とは

万が一のことを考えるというのは、
事前にいろいろと準備をしておくことです。

そのために、
自然な陣痛が来るのを待つのではなく、予定日を決めて誘発剤を使ってお産をすることになりました。

また、
いつ帝王切開になってもいいように、手術の準備も同時進行で行う、ダブルセットアップという形で準備をすすめました。

 

出産日当日、
朝早くから陣痛促進剤を使い、午後になって徐々に陣痛が強くなってきたので、Aさんを陣痛室から移動させることになりました。

移動先は分娩室ではなく、手術室。

周りには、産科医が数名、
それ以外にも小児科医、麻酔科医、手術室の看護師などなど、大勢のスタッフが待機し、万全の態勢でのお産となりました。

 

あやわ帝王切開になる直前で・・

初産婦さんということもあり、
1人目の赤ちゃんが出てくるまでに、思ってたいた以上の時間がかかりました。

Aさんも緊張と疲れのせいか、
陣痛が弱まり、次第にあかちゃんの心音も落ち始めました。

 
このあたりにくると、
あかちゃんの場所的に、機械から聴こえてくる心音が、1人目なのか2人目なのか、判断するのが難しくなります。

緊迫した瞬間が数回過ぎ、
どうにかこうにか、やっとの思いで、1人目が生まれました。

 

ところが、
2人目はこのままいけるのかどうか?!という危うい状況でした。

主治医の先生は、
とうとう、Aさんのお腹を消毒しはじめました。
(もう、切る直前・・)

 
その時です!!

Aさんが最後の力をふりしぼって、
やってきた大きな陣痛の波にあわせて、ものすごく上手にいきみをかけたのです。

それと同時に、
あかちゃんが陣痛とおかあさんのいきみにあわせ、上手に骨盤の合間をぬって、みるみるうちに外の世界に出てきました。

それはそれは、
今でも忘れない、ほんとうに見事な光景でした。

 

Aさんの出産を終えて

幸い、その後も、
心配したようなトラブルはなく、あかちゃんはふたりとも元気で、無事、出産を終えることができました。

のちのち、Aさんに
「あの時、ほんとにすごかったです。Aさんががんばったから、ふたりとも、経腟分娩で無事に産むことができたんです。すごいです!!」とお話しました。

 
そしたら、Aさんはうれしそうに、

「1人目の時は、周りに”いきんで!いきんで!!”って言われたけど、力の入れ方がぜんぜんわからなくて・・ならったはずの呼吸法もわすれて、すごくあせりました。でも、なんとか1人目が生まれて、すこしだけ冷静になったら、こんな風に力を入れたらいいんだっていうのが、わかったんです!!だから、出来ました。」

と笑顔で話してくれました。

 

わたしが見ていた、
あかちゃんが回旋しながらスルスルと上手に降りてくる様子を、Aさんは自分の体でしっかり感じていたんです。

それは、本当にすばらしいことだと思いました。

それはおそらく、
Aさんが自分の力で産むことができたと実感できた瞬間だったと思います。

 
わたしも、
双子のお産介助は初めてで、それなりのリスクも承知の上、手術室という慣れない環境で、かなり緊張していました。

正直にいうと、
Aさんにどんな風に声をかけたのか、自分がどんな表情をしていたのかおぼえていません。

そのくらい、必死でした。
(相当、こわばってたんじゃないかな・・)

 
だから、
Aさんが無事、出産を終えることができて、ほんとうにホッとしました。

Aさんのお産を通して感じたことは、
助産師が行う声かけや呼吸の誘導ももちろん大事なのですが、いま、まさにあかちゃんを産もうとしているおかあさん自身が、そのことを自分の身体の感覚として、掴んでいくことが大切なんだと気づかされました。

 
そのためのコツややり方をおしえることはできるけど、
実際に「あぁ、こういうことか。こうすればいいのか!この感覚か!!」と身体の感覚として、腑におとしていくこと。

それは、
あかちゃんを産むおかあさん本人にしかできません。

それが、自分の力で産むということです。

 

これからお産をする方へ

この記事をよんでいるあなたは、
もしかしたら、これから双子の出産をするか、双子じゃなくても経膣分娩か帝王切開でお産するかで悩まれている方かもしれません。

勘違いしてほしくないのは、
けして、経膣分娩がいいとか、帝王切開がダメだとか、そういう話ではないということです。

 
たしかに、
Aさんのお産は、書いたとおり感動的でした。

ですが、それは、
あかちゃんとおかあさんが元気だったという結果論があっていえること。

 
大事なのは、
自分の希望と、できる限りの努力(工夫)、そして、安全への配慮、そのバランスなのだと思います。

たとえ仮に、Aさんは、
途中で帝王切開になっていたとしても、お産のあと、そっくりなかわいいふたりの女の子を抱っこしながら、同じ笑顔で話してくれたはずだと思います。

 

手術室といえば、
わたしが就職してすぐの頃、逆子で予定の帝王切開したSさんにはこんなことがありました。

第8話:生まれたあかちゃんはダウン症 病院勤務時代の印象的なエピソードをご紹介しています。 双子を経膣分娩したAさんから、 自分の力で産むとは、こういうことだ...

 

くるみ助産院の
マイストーリーズ


これまでの道のり、世界観や人生観を、
第1話~第〇〇話までのマイストーリー形式で綴っています。

読めば、助産師の鍼灸師 下地あやの のことがもっとよくわかります。

  • 助産師になったきっかけ
  • 病院時代の忘れられないエピソード
  • 鍼灸師になったのは恋におちたから
  • 三度にわたる壮絶なつわり体験記
  • くるみ助産院をひらくまで,など

クリックして
はじめから読む ≫≫