マイストーリー

第4話:実習に耐えきれず逃走。

助産師という仕事を知って、とりあえず、助産師を目指すことにしました。

またまた、とりあえずの選択ですが、助産師って赤ちゃんをとり上げるだけの人じゃないんです。

こんなステキなお仕事なんです↓↓↓

第3話:女性だからこそ、できる仕事 ‎とりあえず看護師になろうと思い、医学部保健学科に進学しました。 看護師になろうと思った、とりあえずの理由は? ↓↓↓ ...

 

過酷な助産コース

さて、助産師になることに決めたわたしですが、
そのためには、過酷な道を選択しなくてはいけませんでした。

どんな風に過酷かというと、
助産師は、看護師の資格を持った上でしか、助産師になれません。

看護師になる他の同級生に比べると、
4年間という同じ時間内で、看護師になるための単位を取ったうえで、さらに、助産師になるための単位をとらなくていけないんです。

その単位は講義だけでなく、実際に病院へ行き、昼夜問わず、お産をとり上げる助産実習もこなします。

助産学生あるあるなのですが、この【助産実習】が、これまた、過酷な道なのです。

 

学校ではおしえてくれない、助産実習の大変さ

助産実習の何がたいへんか?

ひとつは、期間内に症例として10例のお産をとり上げなくてはいけないという事です。

 

期間は、学校によってちがうでしょうが、だいたい2~3ヵ月ほどでしょうか?

その期間内に、どれくらいのお産があるか、
その中で実習に協力してくれる産婦さんがどれくらいいるのか、
そしてさらに、学生が対応できる範囲の正常なお産である必要があります。

 

もちろん、助産学生はわたし一人ではありませんので、
最終的に受け持ちができるお産は、ものすごく数が限られてきます。

そのために昼夜問わず、たとえどんな真夜中であっても、お産の連絡が入れば、病院にかけつけます。

陣痛からお産につきそい、無事、赤ちゃんが生まれたら、それで終わりではありません。

 

陣痛から出産までの記録をまとめつつ、すぐに、お母さんと赤ちゃんが無事に退院できるまでの看護計画を立てていきます。

昼間は、病院の助産師にアレコレつっこまれながら、産後のお母さんの体調を観察しつつ、おっぱいのケアや沐浴など赤ちゃんのお世話についての指導をし、さらにそれを、毎日、膨大な記録に残していきます。

それと同時進行で、また別のお産があれば、夜中でもかけつける。。

 

それを、最低でも10人、こなしていくのです。

つねに、頭はフル回転。

体力勝負でもありますが、夜はいつ電話が鳴るかドキドキして、なかなか寝付けないこともしょっちゅうでした。

昼間の実習中「ちょっとトイレにいってきます」といって、便座に座った瞬間、気づいたらそのまま寝てたってこともありました、汗。

 

また、実習時期は、大学4年生の冬だったので、実習とは別に、卒業論文と国家試験の勉強もすすめなくてはいけません。

それでも、期間内に終われば、万々歳。

期間内にできなければ、国家試験の直前まで、実習は続きます。

ちなみに、わたしは症例数が足りず、ほかの同級生が卒業旅行に出かける中、国家試験が終わってからも実習をしました、涙。

 

耐えられず、病院の寮から脱走

こうしてふりかえると、ホントよくやったな~と思います。

今も、助産師として病院で働いている当時の同期はいいます。

「二度と助産実習はやりたくない」と。

 

・・助産実習中のこんな思い出があります。

わたしの実習病院は、学校や自宅からはやや遠方だったため、
実習期間中は病院の寮で、ペアの同級生といっしょに寝泊まりをしていました。

実習期間の半分すぎた頃だったでしょうか。

過酷な実習の疲れ、いつ呼び出されるかわからない緊張、慣れない寮生活・・

ある日、相方とふたり「もう無理ッーーー!!!一晩でいいから、家の自分のベッドで寝る!!」といって、ついに逃亡しました、汗))

 

自宅から病院まで、車で2時間ほどかかります(混んでいたらもっとかかる)

万が一、オンコールの電話がかかってきて、その時点でお産に間に合わなければ、即アウト。

助産実習担当の先生にバレたら、「もう実習にはいかせない。実習ができないのであれば、助産はあきらめなさい」と言われたはずです。

もろもろを覚悟のうえ、ふたりで車に乗り込んで高速を飛ばし、無言で家に帰りました。

幸い、その日、電話はならず、先生にバレることもなく、何事もなかったように、翌日寮に戻って、無事に実習を続けることができました、笑;

 

いまとなっては、笑い話ですが、当時はホントに必死だったんです。

そんな過酷な実習中、助産師のこんな姿をみて、わたしもこんな風になりたいと思ったんです↓↓↓

第5話:安心をあたえられる人 とりあえず助産師をめざしたけど、 助産実習は、とりあえずではすみませんでした。 ↓↓↓ https://karada-...

 

くるみ助産院の
マイストーリーズ


これまでの道のり、世界観や人生観を、
第1話~第〇〇話までのマイストーリー形式で綴っています。

読めば、助産師の鍼灸師 下地あやの のことがもっとよくわかります。

  • 助産師になったきっかけ
  • 病院時代の忘れられないエピソード
  • 鍼灸師になったのは恋におちたから
  • 三度にわたる壮絶なつわり体験記
  • くるみ助産院をひらくまで,など

クリックして
はじめから読む ≫≫