マイストーリー

第3話:女性だからこそ、できる仕事


‎とりあえず看護師になろうと思い、医学部保健学科に進学しました。

看護師になろうと思った、とりあえずの理由は?
↓↓↓

第2話:将来の夢は"ミステリーハンター"わたし、大学に入るまで、助産師の存在すら知らなかったんです ↓↓↓ https://karada-kulumi.com/myst...

 

助産師ってなに??

無事、保健学科に入学し、
授業でとなりの席に座った子は、京都出身の同い年の女の子でした。

わざわざ京都から、
どうして、沖縄の大学に来たの?と聞くと、彼女はこう答えました。

「修学旅行で沖縄の海が好きになったのと、私、助産師になりたくって」

じょさんし・・?
・・助産師ってなに??

「出産のとき、赤ちゃんをとり上げる人だよ。産婆さんっているでしょ」

 

へーーー、そんな仕事があるんだー!

看護師だけじゃないんだーーー!!

その時はじめて、助産師という存在を知ったんです。

 

女性だからできる仕事

ほとんどの人が、
助産師って"お産のとき、赤ちゃんをとり上げる人"と思っていますよね。

わたしも、初めはそうでした。

 

ですが、大学で色々なことを学ぶうちに、
助産師とは"女性の一生を通して、女性に関わる仕事だ"ということを知りました。

そして、こう思ったのです。

「助産師が女性の一生に関わる仕事なら、助産師になるための勉強は、女性であるわたしの人生にとって、ぜったいに必要な知識なはずだ」

 

すばらしい理由です。

ですが、これには、
「万が一、助産師になれなくても、そのために勉強したことはきっと役立つよね」という自分への励ましと言い訳の意味も含まれています。

なぜ、そんな風に思ったのか?

それは、助産師になるには、
より過酷な道を、自らの意思で選ぶ必要があったから。

助産師になるための過酷な道とは↓↓↓

第4話:実習に耐えきれず逃走。 助産師という仕事を知って、とりあえず、助産師を目指すことにしました。 またまた、とりあえずの選択ですが、助産師って赤ちゃん...

 

くるみ助産院の
マイストーリーズ


これまでの道のり、世界観や人生観を、
第1話~第〇〇話までのマイストーリー形式で綴っています。

読めば、助産師の鍼灸師 下地あやの のことがもっとよくわかります。

  • 助産師になったきっかけ
  • 病院時代の忘れられないエピソード
  • 鍼灸師になったのは恋におちたから
  • 三度にわたる壮絶なつわり体験記
  • くるみ助産院をひらくまで,など

クリックして
はじめから読む ≫≫